« ワトソンの資格(9) | トップページ | ハンコックとヒガシの柔術本 »

2010年7月30日 (金)

「嘉納柔術」の教則本

 1905年にThe Complete Kano Jiu-Jitsuという本がアーヴィング・ハンコックとヒガシ・カツクマの共著で出版されたという話は、柔道か柔術か(3)で紹介した。
http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/3_969c.html
 このヒガシ・カツクマという人は嘉納治五郎の弟子に違いないと思っていたが、そうではないことが分かった。

 1905年、ロンドンとニューヨークにおいて、初めて英語で出版された柔道の教則本は、『The Complete of Kano Jiu-Jitsu (JUDO)』(アーヴィング・ハンコック、ヒガシ・カツクマ)、つまり『嘉納柔術(柔道)の全て』と題された五〇〇頁を超える大著だった。続いてドイツ語訳、フランス語訳が出版され、『嘉納柔術(柔道)の全て』はヨーロッパ各国で版を重ねた。戦後の1961年にも再版されるなど、いわば西欧世界における柔術(柔道)の古典である。
 この著者ヒガシ・カツクマは同志社英学校(現在の同志社大学)出身、堤宝山流の柔術家である。当時は〈柔術〉のインストラクターとしてニューヨークに在住していた。この大著を出版した同年にはプロレスの試合にも出場している。
(和良コウイチ『ロシアとサンボ』p.p.74-75)

 和良氏の労作は、サンボの起源について流布していた憶説を根底から覆す画期的なものだ。(これについてはまた)
 この柔道/柔術の教則本について

114314

 和良氏がThe Complete of Kano Jiu-Jitsuと書いておられるのは写し間違い。completeという単語は形容詞であって名詞ではないからThe Complete of---という形はあり得ない。
 しかしヒガシ・カツクマは堤宝山流の柔術家でしたか。新発見ですね。
 ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)がJiujutsuというエッセイを書いて嘉納治五郎の柔道を紹介したのが1893年である。これは1895年刊行の『東の国からOut of the East』に収録された。
→ラフカディオ・ハーンの柔術論http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/1-bc81.html

 ヒガシは講道館とは無縁の人だったようだが、柔術を広めるために嘉納治五郎の名前を利用したのだろう。嘉納は怪しからんと怒ったか? 必ずしもそうではないようだ。嘉納自身、自分の柔道を外人に英語で説明するときにはジュージュツという言葉を使った。
→嘉納治五郎の柔術http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-665d.html

 嘉納の自伝には、1930年ごろドイツへ行ったところ、本だけを見て怪しげな「柔術」を覚えたドイツ人が多くて閉口したと書いてある。ハンコックとカツクマの本の独訳本だろうか?

 この本(英語版)は595ドル(5万円強)で入手できる。http://www.louellakerrbooks.com.au/cat112.htm
 1924年版(改訂版?)が1938年に再販になったもので500頁強。柔術の技を示す写真入り(その一部が和良氏の本の75頁に紹介されている)。売り出している古本屋の紹介文をそのまま訳しておくと

嘉納柔術(柔道)大観。日本政府の公式の柔術。ホシノとツツミによる補足あり。致命的打撃に関する章および活(日本の蘇生術)に関する章を含む。

|

« ワトソンの資格(9) | トップページ | ハンコックとヒガシの柔術本 »

コメント

『ロシアとサンボ』著者です。
手元の復刻版を確認したら、確かに「of」はありませんでした。
ご指摘ありがとうございました。

投稿: 和良コウイチ | 2010年8月15日 (日) 01時03分

和良さん、すごい本ですね。熱心な格闘技ファン以外は「サンボの起源」にはあまり関心がないらしいのが残念。でもファンは分かっていて支持しています。私はアマゾンに出ている読者レビューに全面的に賛成です。

投稿: 三十郎 | 2010年8月15日 (日) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/35953749

この記事へのトラックバック一覧です: 「嘉納柔術」の教則本:

« ワトソンの資格(9) | トップページ | ハンコックとヒガシの柔術本 »