« シクラメンのかほり | トップページ | ゲイの社会(1) »

2010年8月 9日 (月)

女冒険家

"The facts are briefly these: Some five years ago, during a lengthy visit to Warsaw, I made the acquaintance of the well-known adventuress, Irene Adler. The name is no doubt familiar to you."

「簡単に申せば、事実はこうだ。――いまから五年ばかりまえ、ワルシャワに長らく滞留中のことであったが、余は名うてのいかがわしい女アイリーン・アドラーと申すものと知りあった。この名前は、むろん君も聞き知っているであろうが」
(延原謙訳)

 actorは俳優でactressは女優、waiterは給仕でwaitressは女給だ。adventurerは冒険家でadventuressは女冒険家か? エベレストに登ったりヨットで太平洋横断をしたりする女か? 違うらしい。

Headeadventuress_2

 しかし現代の英語では、こういうadventuressの使い方は「もう古い」という人もいるらしい。

Steampunk_adventuress_by_stagsleap

 この女の人は「私はadventuressよ」と言っているらしい。
  下はadventuressの人形として売っているようだ。

St_adventuress

|

« シクラメンのかほり | トップページ | ゲイの社会(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/36052878

この記事へのトラックバック一覧です: 女冒険家:

« シクラメンのかほり | トップページ | ゲイの社会(1) »