« イナゴかバッタか | トップページ | フランスの柔術 »

2010年10月10日 (日)

祝ノーベル平和賞

Pn2010100801000729ci0003

劉暁波氏の受賞は中国初のノーベル賞だそうです。おめでたいことだ。
菅直人首相はさっそく胡錦濤主席宛に祝電を打つという話です。

わたしも在日中国大使館宛にお祝いのメールを出しておきました。
「劉暁波氏のノーベル賞受賞をお祝い申し上げます。中華人民共和国万歳!毛沢東思想万歳!」
宛先はinfo@china-embassy.or.jp

Top_2

|

« イナゴかバッタか | トップページ | フランスの柔術 »

コメント

http://www.youtube.com/watch?v=Gz_mo9lhe0E
中国海軍の犯罪の証拠 : チュオンサ諸島における惨殺

http://www.youtube.com/watch?v=5w1I6gGtoYk
支那共産党が日本人を虐殺した通州事件

http://www.youtube.com/watch?v=L1zoho-17Sw
東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)における中国共産党の弾圧

http://www.youtube.com/watch?v=hTKNENM2WoQ
チベットにおける中国軍の蛮行

投稿: かつや | 2010年10月10日 (日) 15時20分

ノーベル平和賞に中国の民主活動家、劉暁波氏が決定したことを受け、中国当局がノルウェーの駐中国大使を呼び出し抗議した。
ヤクザ国家・中国の平和と関係があるのかどうか。

投稿: 左巻き菅 | 2010年10月10日 (日) 15時27分

日清戦争前から、いやもっと前から体質は変わってないようですね。

投稿: 三十郎 | 2010年10月11日 (月) 07時37分

北朝鮮とお友達の国ですから、推して知るべしです。

投稿: ころんぽ | 2010年10月11日 (月) 12時28分

高智晟 中国が最も恐れる男―劉暁波氏よりもタブーの人物―中国共産党一党独裁の限界か?

ブログ名:「Funny Restaurant 犬のレストランとイタリア料理」

こんにちは。劉暁波はノーベル賞受賞ということで、日本全国に知れ渡ったと思います。しかし、かつて中国政府が以前、中国弁護士ベストテンに選んだ高智晟氏については、ほとんど知られていないと思います。実は、高智晟氏、誰も成り手のいなかった法輪功の信者の弁護を引き受けて以来、中国政府から弾圧されるようになり、現在では行方知れずになっています。日本の政治システムなど陳腐化していますが、中国には政治システムなど存在しません。それに、どうしようもないほどに、腐敗していて、おそろしく、前近代的です。このような体制はすぐになくすべきです。こうした体制が一刻もはやくなくなるように、もっと、非近代国家である中国に対する日本国ならびに他の民主主義国家による内政干渉を強化すべきものと思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2010年10月12日 (火) 09時34分

貴ブログ読みました。恐ろしい。法の支配の外見すらないというのは支那の大昔からの体質ですね。おっしゃるようにソ連ですら形だけとはいえ選挙はあった。東ドイツのホーネッカーは自国民の大量虐殺よりは時分の政権の崩壊を選んだ。どう対処するか? むつかしけれども、菅・仙石のやり方ではだめなことだけは分かる。

投稿: 三十郎 | 2010年10月12日 (火) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/37164662

この記事へのトラックバック一覧です: 祝ノーベル平和賞:

« イナゴかバッタか | トップページ | フランスの柔術 »