« オバマの評判 | トップページ | 友愛の海 »

2010年11月 5日 (金)

尖閣戦争

[青木直人] 仙石官房長官は、船長釈放に政治干渉はなかったといいますが、それを信じる人はいないでしょう。明らかにアメリカ大使館筋からもある種の圧力があったと考えるべきでしょう。といいますのは、アメリカでクリントン国務長官が、「尖閣諸島は日米安保の適用範囲内」と発言をした直後に釈放が行われているからです。つまりこれ以上アメリカも、このことを外交問題化してほしくないんです。それで日本に少しずつリップサービスし、アメをしゃぶらせてあげて、代わりに事態を沈静化させるべく日本側に強烈に釈放を迫ったということでしょう。アメリカも中国との関係をこじらせたくないですから、そういう米中と日本を含む三国の外交的な駆け引きが、実は東シナ海において今回展開された。これは今後の尖閣諸島の動向を見る場合、決定的に重要なポイントです。(p.23)
→青木直人氏 http://aoki.trycomp.com/2010/09/post-249.html
   西尾幹二氏  http://www.nishiokanji.jp/blog/?p=989

 尖閣の流出動画はhttp://www.youtube.com/watch?v=7t1Z7CuFWxI から始まって6件。海上保安庁は中国語で警告している。領海侵犯であるから問答無用で拿捕してよいはず。撃沈するのも国際法上は正当だ。

Img_197582_50363549_0

|

« オバマの評判 | トップページ | 友愛の海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/37526736

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣戦争:

« オバマの評判 | トップページ | 友愛の海 »