« イングランドのレスリング | トップページ | 杉野はいずこ »

2010年12月 1日 (水)

戦略防衛「構想」

 ウィキペディア英語版によると、SDIが始まったのは1983年3月23日、ロナルド・レーガン大統領が「核兵器を無力化旧式化するプロジェクトをスタートすべし」という演説をしたときだ。

300pxc135718a

"I call upon the scientific community who gave us nuclear weapons to turn their great talents to the cause of mankind and world peace: to give us the means of rendering these nuclear weapons impotent and obsolete."

 エドワード・ケネディがこれを評して「スターウォーズじゃあるまいし」と言ったのでthe so-called Star Wars defenseという呼び方ができたらしい。翌1984年にStrategic Defense Initiative Organization(SDIO)ができた。

 日本では当初はテレビでも新聞でも「SDI、いわゆるスターウォーズ計画」と呼んでいた。1980年代に私は「航空宇宙情報」というニューズレターの翻訳をしていて、この日本語を始終書いていた。あるとき、社長兼編集長に相談を受けた。

「あの「いわゆるスターウォーズ計画」というのはバカみたいに聞こえる。ちゃんとした訳語を考えてもらえまいか」
「ようがず。来週までに考えておきましょう」

 Strategic Defenseは「戦略防衛」しかない。問題はInitiativeをどう訳すかだ。当時使っていた辞書はリーダーズ英和辞典の紙版だった。

initiative
1 第一歩, 手始め; 率先, 首唱, 主導; 【軍】 先制.
・have the initiative 《敵に対して》主導権を握っている.
・take the initiative (in doing, to do) 率先してやる, 自発的に先手を打つ, イニシアティブをとる.
2 先駆けて事を行なう才能, 創業の才, 企業心, 独創力.
3 [the ~] 【政】
a 《議会での》発議権, 議案提出権.
・have the initiative 発議権がある.
b 国民[州民, 住民]発案, イニシアティブ《一定数の有権者が立法に関する提案を行なって選挙民や議会の投票に付する制度[権利];
cf. →REFERENDUM》.
on one's own initiative みずから進んで, 自発的に.
a 始めの, 発端の; 初歩の.
[F (INITIATE)]

  ほかの辞書を見ても適当な訳語はない。それまでレーザービーム兵器、レールガン、運動エネルギー兵器等々のまだ「コンセプト」段階のプロジェクトの翻訳をかなりしていたが、そういうものの総合としてのSDIをどう呼べばよいか? 
 戦略防衛構想でよろしいのでは――これは自分で考えたように記憶している。
 このニューズレターは自衛隊や軍需産業やマスコミ関係者が購読していたから、すぐに「いわゆるスターウォーズ計画」は廃れて「戦略防衛構想」で用語が統一された――のだと思う。
 いま私はDDwinというソフトを使って10種類ばかりの電子辞書を串刺し検索している。initiativeを引いてみよう。
 initiativeに「構想」という訳語を宛てているのは、ビジネス技術実用英語大辞典とジーニアス英和大辞典である。

 ジーニアス英和大辞典ではinitiativeの語義の3番目に
 
3. (事態改善への)新規構想, 戦略(cf. SDI).

  ビジネス技術英和大辞典では

initiative
the ~ 主導権, イニシアチブ, 自発性, 自主性, 率先; an ~ 構想;U (無冠詞)事を始める能力, 起業心

この辞書は適切な例文をたくさん挙げているのが特徴だ。

◆an initiative designed to...  ~するために打ち出された構想
◆under an initiative proposed by Mr. Sanders; under the initiative of Mr. Sanders  サンダース氏が提案した[サンダース氏の]構想のもとに
◆launch an initiative to tackle a problem  問題に取り組むために構想を打ち出す
◆The Internal Revenue Service has embarked on several major initiatives that will improve our service to you, the American taxpayer.  米国内国歳入庁(IRS)は, 米国の納税者の皆さんへのサービス改善[向上]を図って, いくつかの大構想に着手しました.

 編者の海野文男・海野和子氏が翻訳の現場で「構想」という訳語を考え出されたことが分かる。

|

« イングランドのレスリング | トップページ | 杉野はいずこ »

コメント

Thank you for all your work looking at why SDI became known in Japanese as 戦略防衛「構想」. The answer may be a little simpler than you think.

When the briefing team from the U.S. Department of Defense first visited Tokyo to formally brief the Government of Japan on President Reagan's new Strategic Defense Iniative, I was serving as the interpreter at the American Embassy. I was a State Department Foreign Service Officer (=diplomat) officially assigned to the American Consulate in Fukuoka, but since I had a long background in translating in Japan (having worked for several years for Simul International, also doing a good deal of translation work for NHK) as well as having (I think) the highest rating at that time in Japanese language in the Foreign Service, Ambassador Mike Mansfield decided it was an opportunity for the Embassy to take back some of the responsibility for English-to-Japanese interpreting, most of which was being left to the Japanese side. The ambassador frequently called me up from Fukuoka to cover high-level official visits and important bilateral meetings.

So I was called on to interpret the English briefing on SDI into Japanese. There were not too many preparatory materials available, but I read over what there was and went over vocabulary in my mind. As you noted, "strategic defense" was clearly 戦略防衛, four neat 漢字, and my first reaction for "initiative" was イニシアティブ. But even today, after over 40 years of active involvement with the Japanese language, I suffer from カタカナアレルギー。I wanted a nice, two-character term which would carry weight and be impressive and convey a general sense that was appropriate to the topic, and which would of course be supplemented by the briefing team's explanations.

So I decided on 構想. Since 戦略防衛構想was used in the official briefing to MOFA and the JDA, that apparently is what was used by Japanese officials in talking with the press, and the press in turn used it in their reporting.

And that is my one mark on the Japanese language.あしからず。

投稿: Tom Steele | 2011年2月20日 (日) 05時26分

In the account of why "Strategic Defense Initiative" became 戦略防衛構想 that I just posted, I forgot to mention one point. I can't recall the specific dates that the Department of Defense briefing team visited Tokyo, but the official briefing of the Japanese Government came very soon after the U.S. Government decided on SDI; Japan was such an important ally of the U.S. that the USG wanted to keep it informed in a timely manner, and that was well before "Star Wars" became the most common name for it in Japan. That meant that I had pretty much of a free hand in deciding how I would handle the term in my interpretation.

投稿: Tom Steele | 2011年2月20日 (日) 05時45分

Thank you for your comment and valuable information. It may be that―― 失礼。日本語で書きます。戦略防衛構想という日本語をはじめて使ったのはMr.Steel、あなたなのかも知れない。しかし私が「自分で考えた」ことも確かです。
『航空宇宙情報』というニューズレターの記事はアメリカ人のagentsが送ってくる通信の翻訳で、最新の情報が多く、scoopもあった。SDI関係のほかは、FSX(次期支援戦闘機)関係の記事が多かった。これは当初は三菱重工が中心になって純国産で開発する予定だったけれど、米国の圧力でF-16の改修に変更になったのです。
カタカナの「イニシアティブ」と「構想」ではどちらがよいか、社長兼編集長と話し合った記憶があります。「カタカナを使って意味不明になっても困るから、辞書にない訳語だが「構想」にしよう」
当時は海野氏の「ビジネス技術英語大辞典」だけがinitiativeという英語に「構想」という訳語を与えていたのでしょう。しかし我々はそれを知らなかった。
「いわゆるスターウォーズ計画」という日本語は、かなり早くから(official briefingより前から)テレビや新聞で使われていたはずだと思います。

投稿: 三十郎 | 2011年2月20日 (日) 10時58分

思い出した。英語の原文にthe so-called Star Wars defenseと書いてあったのでそのまま「いわゆるスターウォーズ計画」と訳していたのでした。戦略防衛構想に決めてからは原文を無視して「スターウォーズ計画」は使わないことにしたのです。やがて英語原文でもStar Warsは使わなくなった。

投稿: 三十郎 | 2011年2月20日 (日) 11時09分

三十郎さん、Initiative と構想について大変面白い話を聞かせていただいてありがとうございました。同じ政治的・社会的環境下で、同じ刺激に対して同じように反応してもおかしくはないでしょうね。SDIの通訳をさせられるまではinitiative=構想と考えた覚えはありませんが、it was a translation whose time had comeとでも言えましょう。
ハワイよりアロハとマハロ。

投稿: Tom Steele | 2011年2月20日 (日) 19時00分

Mr.Steele, you are a great master in the Japanese language. 私は日本語の訳語として「新しい英語をひとつ作る」なんてことはとうてい出来ません。

投稿: 三十郎 | 2011年2月21日 (月) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/37903074

この記事へのトラックバック一覧です: 戦略防衛「構想」:

« イングランドのレスリング | トップページ | 杉野はいずこ »