« 疎い総理大臣 | トップページ | ワトソン博士伝(14) »

2011年1月30日 (日)

レスラーとしてのリンカーン

Cd1998lincolnfr

 米国第16代大統領(1861―65)エイブラハム・リンカーン(1809―65)は、若いころレスラーだった。左の背の高い方がリンカーンでしょう。

Cd1998lincolnbk_2

「すべての歴史家が米国史上最も偉大な大統領の一人とみなしているエイブラハム・リンカーンは、若いころ辺境スタイル(backwoods-style)レスリングの優れたレスラーであった。(どんなスタイル?) 彼の一番有名な試合は、1831年にイリノイ州ニューサーレムで行われ、彼は地元の強豪ジャック・アームストロングに勝った。この試合を描いた絵はアイオワ州ニュートンの国際レスリング博物館に展示してある。対アームストロング戦のとき、リンカーンは6フィート4インチ(193cm)、185ポンド(84kg)だった。」
http://www.wrestlingsbest.com/collectibles/wrestuffcards014.html

|

« 疎い総理大臣 | トップページ | ワトソン博士伝(14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/38664503

この記事へのトラックバック一覧です: レスラーとしてのリンカーン:

« 疎い総理大臣 | トップページ | ワトソン博士伝(14) »