« ミステリの美学(2) | トップページ | 疎い総理大臣 »

2011年1月28日 (金)

態度がデカイ総理大臣

(昭和21年11月3日)皇居前広場で開かれた「憲法公布記念祝賀都民大会」には、十万人の民衆がつめかけた。国会議員、都議会議員のほか、市長、区長、校長、隣組長、各団体役員など、長のつく者たちがずらりと並び、かしこまった。…………

Kenpo2

……もちろん音楽も使われた。作曲は「東京音頭」の中山晋平、作詞は「リンゴの歌」のサトウ・ハチローという黄金コンビニより、名曲「憲法音頭」が誕生した。こんな歌である。

  踊りおどろか チョンホイナ
  あの子に この子
  月もまんまる 笑い顔
  いきな姿や 自慢の 手ぶり
  誰に遠慮がいるものか ソレ
  チョンホイナ ハ チョンホイナ
  うれしじゃないか ないか
  チョンホイナ

 意味はまったく不明だが、とにかくすばらしい歌である。
「憲法音頭」は、上野の博物館で、ご婦人方の踊りと共に披露された。憲法音頭で踊った人の数は百万人に達したという。(憲法普及会による報告)(p.p. 73-4)

http://www.utagoekissa.com/utagoe.php?title=kenpouondo に憲法音頭の歌詞とメロディーあり。楽譜もある。必見! 「うたごえ喫茶 のび」http://www.utagoekissa.com も見るべし)

|

« ミステリの美学(2) | トップページ | 疎い総理大臣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/38640282

この記事へのトラックバック一覧です: 態度がデカイ総理大臣:

« ミステリの美学(2) | トップページ | 疎い総理大臣 »