« 投書について(4) | トップページ | 投書について(6) »

2011年2月21日 (月)

投書について(5)

 バーナード・ショーの反論の投書。

 拝啓、編集長殿。私の友人サー・アーサー・コナン・ドイルがロマンティックで熱烈な抗議をされましたが、私の記事をよく読んで考えなおすことをお勧めしたい。正気の人間なら私が使った一語(lie ウソという言葉)に異議を唱えることはできないはずです。……
……ジャーナリストが大騒ぎして、弁護を引き受けた被告が絞首刑になった弁護士、患者を死なせた医者、戦争で負けた将軍、船を海底に沈めた船長を誉め称えるのならば、そのようなウソは絶対に暴かなくてはならない。英国人の船長で自分の義務を果たし指示に従って氷山の海を乗り切った者は多い。救命ボートを下ろす必要が生じたときには死の危険を前にして規律を保ち救える命は残らず救った船長も多い。そういう船長には誰も「ありがとう」と言わない。ロマンティックなジャーナリストの感情を刺激しないからであります。しかし私はそういう船長こそが偉いと思い、できることなら彼らの船に乗りたい。………
……私はジャーナリストたちに正気に返って欲しい、ロマンティックなウソはやめてもらいたいと思って、これを書いたのであります。……

 ドイルは5月25日に最後の投書をした。
 
 拝啓、編集長殿。この論争はもはや不毛のものとなってきましたので、最後にショー氏の返答中の一点についてだけ触れておきます。私が氏をウソつき呼ばわりしたと氏は言われる。私はそういう無礼は働いておりません。ただ、ショー氏は輝かしい才能に恵まれているけれども、一つだけ欠けている性質があると言いたい。良き趣味というか、人間性というか、無用に人の感情を傷つけることを避ける配慮がないのであります。

 ヘスキス・ピアソンによれば、論争はショーの勝ちだったかも知れない。しかし「読者の99%はたとえ間違っていてもバーナード・ショーよりはコナン・ドイルに与したいと思ったに違いない」。

Titanicsinking

|

« 投書について(4) | トップページ | 投書について(6) »

コメント

嘘か真か、悔し紛れにドイルがGBSの「ピグマリオン」から拝借したキャラクターが
ホームズとワトスンだったというシャーロキアンもいます。
たしかにヒギンズとピッカリングに設定が似てるんですよね。

投稿: ころんぽ | 2011年2月25日 (金) 22時33分

ピグマリオンは1913年初演だそうです。分かっていてショーが元だと言う人がいるんですね。しかし凸凹二人組というのはいろんな作品によく出ますね。

投稿: 三十郎 | 2011年2月26日 (土) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/38943219

この記事へのトラックバック一覧です: 投書について(5):

« 投書について(4) | トップページ | 投書について(6) »