« 世界最強アレクサンドル・カレリン | トップページ | 方便です »

2011年2月16日 (水)

サラサーテ

Sarasate

  "Sarasate plays at the St. James's Hall this afternoon," he remarked. "What do you think, Watson? Could your patients spare you for a few hours?"
  "I have nothing to do to-day. My practice is never very absorbing."
  "Then put on your hat and come. I am going through the City first, and we can have some lunch on the way. I observe that there is a good deal of German music on the programme, which is rather more to my taste than Italian or French. It is introspective, and I want to introspect. Come along!"

 ホームズとワトソンがこういう会話をしたのは1887年のことだった。パブロ・サラサーテ(1844―1908)は四十代であった。コンサートの曲目はドイツ物が多かったというが、自身が10年前に作曲したツィゴイネルワイゼンはもちろん弾いただろう。
 ツィゴイネルワイゼンのサラサーテ自身による演奏は
http://www.youtube.com/watch?v=ABm7nMVyNh4&feature=related

|

« 世界最強アレクサンドル・カレリン | トップページ | 方便です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/38881441

この記事へのトラックバック一覧です: サラサーテ:

« 世界最強アレクサンドル・カレリン | トップページ | 方便です »