« ワトソン博士伝(17) | トップページ | ボクサー弾を百発(2) »

2011年3月 8日 (火)

ボクサー弾を百発(1)

250pxvictoriaregina

I have always held, too, that pistol practice should be distinctly an open-air pastime; and when Holmes, in one of his queer humours, would sit in an armchair with his hair-trigger and a hundred Boxer cartridges and proceed to adorn the opposite wall with a patriotic V. R. done in bullet-pocks, I felt strongly that neither the atmosphere nor the appearance of our room was improved by it.
(Musgrave Ritual)

 また、ピストルの射撃というものはかならず野外でなされるべきスポーツだと私はかたく信じていたが、ホームズがその変な好みから、微力発射装置つきのピストルとボクサ弾を百発もって、ひじ掛けいすにおさまったまま、正面の壁のヴィクトリア女王を弾痕で飾ったときは、さすがに呆れてしまった。部屋の空気も空気だし、体裁だってそんなことをされたんじゃ、たまったものではない。
(延原謙訳)

 一つ誤訳があるのはすぐ分かりますね。新しい訳では

 さらにつけくわえるなら、かねがね私はピストル射撃などというものは、本来、戸外でやるべき娯楽だと思っている。それだから、ときにホームズがいつもの気まぐれで、肘かけ椅子に触発引き金(ヘアトリガー)つきのピストル一挺と、ボクサー式弾薬筒百個を手にしてすわりこみ、向かいの壁面になんとも愛国的な"V.R."なる文字を弾痕で浮かびあがらせたりするのを見るにつけ、それでこの部屋の雰囲気や外見がいささかなりと改善される訳でもなかろうに、と憤懣やるかたない思いにかられるのである。

(1)ボクサー式弾薬筒は、英陸軍のボクサー大佐によって発明され、採用されていた弾薬筒の総称。
(2)"V.R."とは、”ヴィクトリア・レギーナ"(女王ヴィクトリア)のこと。
(深町真理子訳。(1)(2)は『マズグレーヴ家の儀式書』の終りにつけられた訳注)

450pxsherlock_holmes_museum_study_4

 延原訳では不敬罪ものだ。a patriotic V. R.の訳はこうあるべきだ。
 しかし、まだ問題がある。深町さんが悪いのじゃなくて、(1)日本語そのものに問題があり、(2)ワトソンの書いた原文の英語が不正確だから。

|

« ワトソン博士伝(17) | トップページ | ボクサー弾を百発(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/39153558

この記事へのトラックバック一覧です: ボクサー弾を百発(1):

« ワトソン博士伝(17) | トップページ | ボクサー弾を百発(2) »