« ボクサー弾を百発(8) | トップページ | 外国人の見た村上春樹 »

2011年3月31日 (木)

ボクサー弾を百発(9)

 ヘアトリガーが使われるのは、ふつうは競技用の銃だ。「引き金について」http://www.fareast-gun.co.jp/goroku/toriga/ というサイトをコピーさせてもらう。

Toz3501

あらゆる銃器の中で最も繊細で最も軽いのは競技用のフリーピストルの引き金です。
固定的を撃つ射撃競技の場合、一番銃口が振れるのはピストル射撃です、そのため激発のチャンスはほんの一瞬しかありません。またピストルの場合、引き金に力を加えると簡単に銃口が振れてしまいます、そのためフリーピストルの場合極限まで引き金のウエイトを軽くしています、その引き金ウエイト、わずか15グラムです。もっと軽くしようと思えばまだ軽くは出来ますが現状ではこの位で使っています。
引き金を15グラム以下に調整すると、ピストルの銃口を上に向けただけで、引き金の自重だけで激発してしまいます。いくら軽くできても15グラム辺りが限界でしょう。

 このサイト主の築地さんによると「実は、引き金を軽くするというのはそれほど難しい技術ではありません」ということだ。シャーロック・ホームズは自分で拳銃の内部のメカニズムをいじってヘアトリガーにしたに違いない。

  ウェブスターのhair triggerの定義。

a gun trigger so delicately adjusted that it releases the cock at the slightest touch

|

« ボクサー弾を百発(8) | トップページ | 外国人の見た村上春樹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/39410391

この記事へのトラックバック一覧です: ボクサー弾を百発(9):

« ボクサー弾を百発(8) | トップページ | 外国人の見た村上春樹 »