« パニックを防ぐために? | トップページ | ご冥福 »

2011年4月27日 (水)

ボクサー弾を百発(11)

 シャーロック・ホームズ(1854―)とほぼ同時代に室内拳銃射撃をしていたのは、アーサー・コナン・ドイル(1859―1930)の友人だった医師のジョージ・バッドである。
 ドイルは1881年にエディンバラ大学医学部を卒業し、しばらくアフリカ航路の客船の船医をしたが、1882年に悪友ジョージ・バッドのパートナーとしてプリマスで開業した。バッドとはすぐに喧嘩別れして、それが小説家コナン・ドイルの誕生の契機になったのだった。
 バッドは色々奇抜な発明をしていた。その一つに「制海権獲得装置」があった。これは要するに強力な電磁石で、敵の撃ってくる砲弾を全部引きつけてしまえばよいというのである。

「未来の軍艦は船首と船尾に磁石を装備する。……いや、別に筏を作って俺の装置を載せる方がいいかな。船が作戦行動に入る。するとどうなると思う、ドイル。相手が何発撃ってきても全部磁石に引き寄せられてぴしゃりとくっついてしまう。筏の下には回収装置を付けておいて、電気回路を切ればくっついた鉄が下に落ちるようにしておく。作戦が終われば屑鉄に売ってあがりは乗組員で山分けだ。いや、そんなことよりも、俺の装置を搭載した船には絶対に敵弾は当たらんのだぞ。そのうえコストが安い。装甲なんか要らない。何にも要らんのだ。この装置さえ搭載すれば、水に浮かぶ船は全部不死身になる。未来の軍艦は一隻7ポンド10シリングもあればできる。また笑ってやがるな。磁石とトロール船と七ポンド砲が一門、これだけでどんな戦艦とも渡り合えるんだぞ」

 この装置の実験のために、バッドは弾頭に鉛の代わりに鉄を使った特製の実包を使って室内拳銃射撃をしていた。
 この室内射撃はシャーロック・ホームズと同じような拳銃を使ったはずだ、と思っていた。これはコナン・ドイル伝(7)として前に訳した。http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/7_daa7.html
 ところが読み直してみると間違いがある。翻訳が間違っているけれども、そもそも原文が悪いので、僕のせいじゃないのだ。

|

« パニックを防ぐために? | トップページ | ご冥福 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/39769741

この記事へのトラックバック一覧です: ボクサー弾を百発(11):

« パニックを防ぐために? | トップページ | ご冥福 »