« 左利きの拳銃? | トップページ | ボクサー弾を百発(13) »

2011年5月 9日 (月)

ボクサー弾を百発(12)

 コナン・ドイルの悪友、バッド医師は「制海権獲得装置」の実験のために室内拳銃射撃をして見せた。

「それでは、ちょっとした実験をお見せしよう」こう言うとバッドは装置の上にかがみ込んだ。パチという音がして電気が入った。「これは」とバッドは言って箱から取り出したものを見せた。「射的用のピストルだ。20世紀にはこいつが博物館に飾られる。新時代の幕を切って落とした武器としてな。遊底を引く。狭窄弾を一発込めるぞ。実験用に特別に鉄で作らせたのだ。壁のあの赤い封蝋の塊を狙う。磁石の4インチ上だ。俺の射撃の腕は確かだ。ほら、撃つぞ。それじゃ、前に進んでよーく見てくれ。弾は磁石に当たってひしゃげているだろう。笑ったことを謝るんだな」
 ドイルが見てみると、確かにバッドの言う通りだった。
「おい、もう一つ実験をしよう」とバッドは言った。「今度は家内の帽子の中に磁石を入れるから、お前、顔を狙って6発撃ってみろ。これならどうだ。撃たせてやってくれるね?」
 バッド夫人はそうしてもよいと言ったが、これはドイルの方で断った。

 これはヘスキス・ピアソンのコナン・ドイル伝に出てきたのを前に一部紹介した。
http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/7_daa7.html

 原文を見てみると、拙訳とは少し食い違いがある。わざと訳文を変えたところもあるが、誤訳もある。

"Permit me now to show you a small experiment." He bent over his apparatus, and Doyle heard the snapping of electricity. "This," he continued, going across to a packing-case, "is a saloon pistol, and will be exhibited in the museums of the next century as being the weapon with which the new era was inaugurated. Into the breech I place a Boxer cartridge, specially provided for experimental purposes with steel bullet. I aim point-blank at the dab of red sealing-wax upon the wall, which is four inches above the magnet. I am absolutely dead shot. I fire. You will advance, and satisfy yourself that the bullet is flattened upon the end of the mangnet, after which you will apologise to me for that grin."
Doyle had admit that it was so.
"I will tell you what I'd do!" cried Budd. "I'm prepared to put that magnet in my wife's bonnet, and to let you fire six shots straight at her face. How's that for a test? You wouldn't mind, dear?"
Though his wife did not seem to mind, Doyle did.

|

« 左利きの拳銃? | トップページ | ボクサー弾を百発(13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/39926884

この記事へのトラックバック一覧です: ボクサー弾を百発(12):

« 左利きの拳銃? | トップページ | ボクサー弾を百発(13) »