« 格闘技の研究者 | トップページ | ブラック・ピーターの米国版 »

2011年6月30日 (木)

アリストテレスの探偵小説論(8)

大団円を構成する「発見」には色々な種類があるとアリストテレスは言います(16章)。ふつうは犯人の正体の発見か、殺しの方法の発見であります。
(1)最悪なのは作者自身による発見です。こういうのは全く非芸術的であって本物の探偵小説では許されません。スリラー用です。しかし犯人の正体は分かっているけれども、犯人対探偵が相互に対抗する動きを描いてみせて面白い話を作ることはできます(ウィルキー・コリンズの『ノー・ネイム』やオースティン・フリーマンの『歌う白骨』など)。
(2)身体的特徴による発見はよくありますね。『メアリ・デュガンの裁判』では、ある人が左利きだということが有罪判決の決め手になった。『オシリスの目』では「エジプトのミイラ」と失われた死体が実は同一人物だったことが、虫歯治療跡と腓骨骨折から分かりました。
(3)記憶による発見もよく使われる手です。『不自然な死』では、大動脈に空気が入って閉塞になったことを探偵が発見するのは、オートバイにガソリンを入れるときに同じように空気が入ったことを思い出したからでした。
(4)推論による発見はたぶん一番多い。犯人はそのとき同じ家にいて、電気技師であり、背が高くて煙草はソブラーニを吸う。これらの特徴全部に当てはまるのはXだけだ。したがってXが犯人だ。
(5)アリストテレスが五番目に挙げるのは相手の誤った推論による発見であります。ところが彼がここで挙げている例はどうも曖昧だ。たぶんテキストの混乱があるのでしょう。それに引用している劇ももう残っていないものです。しかしアリストテレスが本当に言いたかったことは「ブラフによる発見」だと私は思います。つまり、探偵が容疑者に武器を見せて「もしあなたが犯人じゃないというのなら、これがあなたのところにあるのは何故ですか?」容疑者が答える。「でもそれは凶器じゃありませんよ」「ほう、そうですか。どうしてそういうことをご存じなのかな?」

|

« 格闘技の研究者 | トップページ | ブラック・ピーターの米国版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/40614650

この記事へのトラックバック一覧です: アリストテレスの探偵小説論(8):

« 格闘技の研究者 | トップページ | ブラック・ピーターの米国版 »