« NHKラジオの受信料? | トップページ | アリストテレスの探偵小説論(9) »

2011年7月11日 (月)

ボール箱?

Card08

 シャーロック・ホームズの題名The Cardboard Boxはどう訳しますか?
『ボール箱』に決まっているだろう? 
 でも「ボール箱」なんて日本語は見たことも聞いたこともない。ボールを入れる箱?
 リーダーズ英和辞典でcardboardを引いてみると
cardboard
―n 厚紙, 板紙, ボール紙; [fig] 実質のないもの.

「ボール箱」で和英辞典を引くと、研究社和英大辞典にはない。斎藤和英大辞典(1928年刊)に
ボール箱
〈名〉A pasteboard box
三省堂のニューセンチュリー和英辞典に
ボール箱
a carton; a cardboard box.

cardboard boxをグーグルで画像検索してみると、たとえば

400_f_56520_uexcdaskgmisplhe5kbmisf

 これなら「段ボールの箱」ではないか?
 しかし19世紀末に段ボールなんてものがあったのか? むかし「ミカン箱」というものがあって、これは木箱だった。

Mikan

 今ならミカンは段ボール箱に入れるに決まっているがむかしは木の板でできていた。机を買う金がないので、ミカン箱を使って勉強したという話は聞いたことがある(実例は見たことがない)。
 段ボールというのは最近できたものなのか? ウィキペディア。ふつうの百科辞典には出ていない。
 
 段ボール(だんボール、英語 corrugated cardboard)とは板紙を多層構造で強靭にし、包装資材などに使用できるよう加工した板状の紙製品。素材としての段ボールシートのほか、再加工した段ボール箱、その他の段ボール製品を指すこともある。「ダンボール」という表記をされる事もあるが、ダンは日本語の段に由来する。
 段ボールは19世紀のイギリスにおいて当時流行していたシルクハットの内側の汗を吸い取るために開発された。のちに包装資材として利用されるようになったのは、アメリカ合衆国においてガラス製品の包装に使用されたのが始まりである。現在用いられている段ボールを作成し、日本において「段ボール」という言葉を作ったのは井上貞治郎である。

「19世紀のイギリスにおいて」というのだから、シャーロック・ホームズのころにもあったはずだ。でも英語が違う。cardboardというのは、「カード板」のはずだ。カードとして使って、その上に字が書ける紙製の板ではなかろうか。段ボールにも字は書けなくはないが、むかしはマジックインキがなくて普通のペンを使ったはずだから、難しかったと思う。
「ボール箱」というのは一体何だ?

付記。ニューセンチュリー和英辞典で「段ボール」を引いてみた。

だんボール 段ボール
【紙】cardboard, corrugated paper;【箱】a cardboard box.

  すなわちcardboard box=段ボールの箱 になる。
「ボール箱」とか「段ボール」とかいうときの「ボール」は何だ? ballのはずはない。昔の日本人はboardの発音が「ボールド」だと思ったのではないか。最後の「d」は子音だけであって日本語の「ど」ほどはっきり発音はしない。すなわちboard=ボールとなったのでは?

|

« NHKラジオの受信料? | トップページ | アリストテレスの探偵小説論(9) »

コメント

購入した靴を入れてもらう、ボール紙をホチキス留めしただけの粗悪な箱を、我が家では「ボール箱」と称していました。
昭和40年代ごろの埼玉でのはなしです。

投稿: たろう | 2011年10月 9日 (日) 15時57分

なるほど、貴重な情報をありがとうございます。僕も昭和40年なら十分に記憶があるのですが、「ボール箱」は日常の語彙になかった。僕は関西なので地方によって違うのですかね。

投稿: 三十郎 | 2011年10月 9日 (日) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/40765727

この記事へのトラックバック一覧です: ボール箱?:

« NHKラジオの受信料? | トップページ | アリストテレスの探偵小説論(9) »