« コナン・ドイルのお父さん(2) | トップページ | 中老人 »

2011年7月22日 (金)

ヘッドロック

 試合開始のゴングが鳴る。通常の場合、レスラーは時計と反対周りにグルグルと回った後、おもむろに組む。お互いが左腕を相手の首に回し、右腕を相手の肘に当てて組む体勢をロックアップ(もしくはファンダメンタル・ポジション)と呼ぶ。左右が逆になることは決してない。ロックアップはプロレスのひとつの型であり、約束事なのだ。 
 ロックアップの次に行われるのは、通常の場合ヘッドロックだ。世界中どこでもヘッドロックは左腕でかける。レスラーの利き腕がどちらだろうと、右腕でヘッドロックをかけることは決してない。レスラーたちは、あらゆる技を左腕や左足を中心として行うようにトレーニングされている。
(1976年、p.72)

0239c1c8_2

|

« コナン・ドイルのお父さん(2) | トップページ | 中老人 »

コメント

ルチャは右中心ですけどね

投稿: | 2012年1月 1日 (日) 12時12分

ルチャのことも柳澤さんは書いています。日本人レスラーは器用だからメキシコへ行けばすぐ逆でやれるのだそうです。

投稿: 三十郎 | 2012年1月 1日 (日) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/40911084

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドロック:

« コナン・ドイルのお父さん(2) | トップページ | 中老人 »