« 欧米を凌駕している | トップページ | 医者らしい服装 »

2011年8月26日 (金)

欧米を凌駕している(2)

『The Juwes are the men That Will not be blamed for nothing』
「……ユダヤ人は、責められるようなことは何もしていない」

  こういう「訳」を聞いてホームズが大きくうなずくはずがない。間違いです。
 もちろんJuwes→Jewsと直さなければならない。直すと、非標準的だけれども意味は通る英語になるので、その意味は
  be blamed for nothingが「理由なく責められる」。
それをnotで否定すれば「理由なく責められるのではない」。
 すなわち全体の意味は「ユダヤ人が非難されるにはそれだけの理由があるのだ」
 シャーロック・ホームズともあろう人がこれくらいの英語を間違えるものか!
 The Juwes→The Jewsと直せばよいので、Jewishとする必要はない。a Jew(一人のユダヤ人)はここでは変だ。「The Jews are…… ユダヤ人/ユダヤ民族は……だ」というような英語はいくらでもある。普通の英語だ。
 The Jews are the men that---と補語のmenに定冠詞theを付けるのは、英語では間違いではないが珍しい。ドイツ語なら
 (Die)Juden sind die Menschen, die……という形になって、Judenには省いてもMenschenには冠詞を付けるはずだ。
 ……That will not be blamed for nothing.は二重否定であり、二重否定はよく教育のない者が誤用するが、この例は誤用ではない。
 I know nothing.をI don't know nothing.とするのが、英米人に多い(日本人には少ない)間違いだ。
 しかし、そもそもこの英語は切り裂きジャックが書いた落書きである。これを読み間違えた敬之助という人物は日本人で、シャーロック・ホームズが登場するのに舞台は日本というのだから、なかなか大仕掛けだ。傷はあっても読む値打ちがあるというものだ。

|

« 欧米を凌駕している | トップページ | 医者らしい服装 »

コメント

こんにちは。

「本棚の中の骸骨」HPの近刊案内欄を見たら
『シャーロック・ホームズの愉しみ方』
平凡社新書9月15日発売とありました。

満を持して…でしょうか。楽しみです。

P.S 最新の日記にコメントさせて頂きました。

投稿: 熊谷 彰 | 2011年8月26日 (金) 12時22分

ありがとうございます。ようやく出ます。なかなか大変でした。

投稿: 三十郎 | 2011年8月26日 (金) 18時16分

もしかしてご著書が出版されるのですか。
それはおめでとうございます。
早速書店に予約しておきます。
結構辛口な内容なのでしょうか。楽しみです。
閑話休題
「ドラキュラの世紀末―ヴィクトリア朝外国恐怖症の文化研究」(東京大学出版会)
はお読みだと思いますが、世紀末の英国が抱えていたユダヤ人恐怖について詳細に
例証されていて好著だと思います。図書館や古本屋で入手するしかない状況ですが。

投稿: ころんぽ | 2011年8月28日 (日) 11時40分

NHKのSHERLOCKはご覧になりましたか。
ご感想をお聞かせいただきたく。

投稿: ころんぽ | 2011年8月28日 (日) 12時16分

ありがとうございます。だいたいブログに書いたことですが、編集部のアドバイスで付け加えたり削ったりしました。まずまず悪くないと思うのですが。よろしく。
ドラキュラの本は知りませんでした。早速入手したい。熊谷さんに教わった本もまだで忙しいですが。
NHKのBSですか。知らなかった。

投稿: 三十郎 | 2011年8月28日 (日) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/41331568

この記事へのトラックバック一覧です: 欧米を凌駕している(2):

« 欧米を凌駕している | トップページ | 医者らしい服装 »