« 一番の傑作は? | トップページ | レイチェルじゃないよ »

2011年9月30日 (金)

シャーロック・ホームズの愉しみ方

『シャーロック・ホームズの愉しみ方』目次

はじめに
序章 名探偵登場

第1章 ホームズは実在の人物だった?
1 シャーロック・ホームズ小伝
2 シャーロック・ホームズ文献の研究
3 ドクター・ワトソンの洗礼名
4 ワトソンは女だった

第2章 意外な愛読者たち
1 T・S・エリオットのホームズ論
2 マクルーハン、ホームズを語る
3 「ホームズさん、巨大な犬の足跡だったのです」
4 シャーロック・ホームズの茶気

第3章 ホームズ、漱石、嘉納治五郎
1 シャーロック・ホームズと柔術
2 バリツの起源
3 嘉納治五郎とシャーロック・ホームズ

第4章 皇太子、チャーチル、ホームズ
1 プロの美人たち
2 モリアーティ元教授の職業

むすびにかえて
あとがき
主要参考文献

平凡社新書9月新刊http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/frame.cgi?page=series.sinsho/

 本屋の店頭に並ぶのは9月16日です。もちろんアマゾンなどでも買えます。
 ご覧のように、当ブログに載せたものと藤原編集室の「書斎の死体」に載せてもらったものがほとんどです。しかし書籍化するにはかなりお色直しをしております。英語のままだった箇所はもちろん和訳し、全体に編集部の助言で刈り込んだり付け足したりしています。縦書きの本になったので、じっくりと読んでいただけると思います。
「はじめに」と「序章 名探偵登場」は、平凡社新書の読者はマニアだけではないので一種の入門篇です。次のような具合。

はじめに

 名探偵シャーロック・ホームズの名前を知らない人はいないだろう。彼の親友で助手をつとめたのは? 医学博士で元インド陸軍軍医のジョン・H・ワトソンであった。これもたいていの人が知っているはずだ。それでは、

(1) ホームズとワトソンの下宿の住所は? 下宿の女将の名前は?
(2) ホームズの宿敵、悪の巨魁、「犯罪界のナポレオン」と呼ばれた男の名前は?
(3) ホームズがいつも「あの女」と呼んで敬意を払っている女性の名前は?
(4) シャーロック・ホームズ譚に登場するスコットランド・ヤード(ロンドン警視庁)の刑事の名前を四人以上挙げてください。
(5) シャーロック・ホームズを主人公にした小説は長短併せて全部で何篇ありますか?

 いくつ答えられますか?

85_605_5

|

« 一番の傑作は? | トップページ | レイチェルじゃないよ »

コメント

書店に予約済みです。
失礼なもの言いですが、かなりハイレベルなシャーロキアンとお見受けしておりますので
本当はもっと専門的でマニアックな内容で書いていただきたいですね。
これでも十分マニアックなのかも知れませんが。

投稿: ころんぽ | 2011年9月 9日 (金) 22時23分

新書ですから、この辺から入らないと。
その点、敏腕編集者H氏が一般読者の視点で地上に引き戻してくれました。特に図版の多くが解像度の問題で利用できなかったのだけは、少々残念ですが。
でも、まだ続篇を書く意欲も材料も十分あるのです。

投稿: 三十郎 | 2011年9月10日 (土) 00時29分

新刊おめでとうございます
本日、書店に予約しておきたいと思います。
3章の絡みで夢枕獏、柳澤健、増田俊也氏あたりに読んでもらいたいですね。献本とかできないだろうか・・・

投稿: Gryphon | 2011年9月11日 (日) 12時48分

ありがとうございます。Yさんには差し上げました。住所が分かっている限りほかの人にも献本しています。あとがきにGさん宛の「謝辞」を書き(書かせていただき)ましたので、まずご覧ください。

投稿: 三十郎 | 2011年9月11日 (日) 13時51分

始めまして。
こちらのサイトを楽しく拝見しています。
今日は、もしご存知だったら教えて頂きたくコメントさせていただきます。
今年の1月に、シャーロック・ホームズの書籍の続編が9月に出版されると発表がありました。執筆者はイギリスのTV脚本家アンソニー・ホロウィッツ氏です。
この情報のあとがさっぱりで、何か情報をお持ちでしたら教えてください。
ちなみに、日本語訳がはいって来るのはどのくらい後になるものでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿: 月のワルツ | 2011年9月17日 (土) 02時45分

ホロウィツという英国人の本ですか。存じません。翻訳が出るかどうかは、売れるかどうかで決まるようで、未定だと思います。

投稿: 三十郎 | 2011年9月17日 (土) 11時17分

『ホームズの愉しみ方』昨日入手し、
読了しました。

「あとがき」で取り上げていただき、
ありがとうございます。

「ロナルド・ノックス講演100周年記念」が
サブタイトルにふさわしいですね。

続編、期待しております。

投稿: 熊谷 彰 | 2011年9月17日 (土) 13時16分

ありがとうございます。100周年記念でしたね。タイトルはすっかり編集部任せです。僕としては「シャーロック・ホームズの快楽」というちょっとおバカな題を考えていたけれども、却下されました。「愉しみ方」は河出文庫に喧嘩を売るつもりもあるみたい。

投稿: 三十郎 | 2011年9月17日 (土) 15時01分

ご著書入手しました。
遅読なもので読了までにはお時間を頂きたく。
それにしても、あらためてホームズ翻訳批判を読むと痛快ですね。
尊敬する別宮貞徳先生の辛口のご著書を思い出しました。
それから、いつも勝手なことをほざいているだけなのに、
「あとがき」で言及いただき恐縮しております。

月のワルツさんのご質問にあった本は、Anthony Horowitzの
The House of Silkだと思います。11月1日の発売みたいですね。
Conan Doyle Estateから、ホームズ物語「続編」の執筆を、
依頼されたとのことです。
ジェイムズ・ボンド作品ではよくあることでですけれど、
ホームズ作品では初めてのはず。
シャーロキアンとしても今後Apocrypha扱いしなくちゃならない
大事な(?)作品になるということでしょう。


投稿: ころんぽ | 2011年9月17日 (土) 16時32分

ありがとうございます。ぜひ読まなくちゃ。

投稿: 三十郎 | 2011年9月17日 (土) 17時15分

日本シャーロック・ホームズクラブ関西支部のブログに
「誤訳」指摘の文脈で出てくる「ジョン・エヴァレット・ミリアス」なる画家の名前とかに辟易として、
今、読むのを中断中です。
という批評がありました。
「ジョン・エヴァレット・ミレイ」が正しい読み方のようです。

投稿: ころんぽ | 2011年9月25日 (日) 15時56分

そうなのです。間違いに気がついて記事を書いた。「間違いひとつ」

投稿: 三十郎 | 2011年9月25日 (日) 17時21分

「コージ苑」「サルでも描けるまんが教室」「ムジナ」の漫画家で、ブラジリアン柔術を実際に学んでもいる相原コージさんがtwitterで感想を書いておられました。

http://twitter.com/#!/kojiaihara/status/115699082672087040
@kojiaihara 相原コージ
植村昌夫「シャーロック•ホームズの愉しみ方」。全4章のうち丸々1章を費やして、ホームズが使った“バリツ”という格闘技について検証しているのが興味深い。“バリツ”とは実は“バーリ•トゥード”の事ではないかなんて事をいわれたこともあったが、やはりそれは“柔術”のことらしい。

===============
(無記名のまま二重送信したかも? 同内容の無記名コメントがあれば私の投稿です、すいません)

投稿: Gryphon | 2011年9月27日 (火) 05時30分

ありがとうございます。相原コージさんは有名な漫画家で格闘技ファンなのですね。知らなかった。「丸々一章」でちょっとあきれたらしい。
ジョー小泉氏も読んでくれたらしい。「特に第3章はシャーロキアン(シャーロック・ホームズ研究家)の域を逸脱して、とてもおかしかった。著者植村昌夫氏は格闘技愛好家か?」と書いてありました。そうです。愛好家なんです。

投稿: 三十郎 | 2011年9月27日 (火) 10時48分

http://west-holmes.bbs.fc2.com/
貴著を巡ってホームズクラブ関西支部のブログで侃々諤々議論をしております、
ってそんなレベルではないかも。
お暇があれば覗いてみてください。

投稿: ころんぽ | 2011年10月 8日 (土) 12時57分

ありがとうございます。ころんぼさんは関西の人でしたか。

投稿: 三十郎 | 2011年10月 8日 (土) 16時41分

いえ、東京出身の通りすがりの者です。
折角のご著書に些細なミスを見つけて難癖をつける輩がいたので腹を立ててしまって。
大人気ない話でした。発言は全面的に削除しました。

投稿: ころんぽ | 2011年10月 9日 (日) 18時04分

猫猫先生のいわゆるイナゴはいるものですね。仕方がない。

投稿: 三十郎 | 2011年10月 9日 (日) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/41590278

この記事へのトラックバック一覧です: シャーロック・ホームズの愉しみ方:

» [歴史][読書][漫画][TV]格闘技史研究でも話題の「翻訳blog」作者がホームズ本出版。その他新作ドラマや俺的研究など [見えない道場本舗]
ホームズに関するエントリーを書く、となるとなんかやっぱり気が引き締まるというか、特別な思いがあるな。 とはいってもメインはまるまる紹介の一本だが。 http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-1083.html シャーロック・ホームズの愉しみ方 メディア: この... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 11時06分

« 一番の傑作は? | トップページ | レイチェルじゃないよ »