« 文豪の翻訳力(2) | トップページ | 医者の白衣 »

2011年9月 8日 (木)

高島先生健在

 前々から「黄色い」という言い方に違和感を持っている。「色」という語(名詞)に直接「い」をつけて形容詞にしていることが違和感の理由である。
 通常、名詞に「い」がついて形容詞になることはない。「山い」「花い」などの形容詞がないこと言うまでもない。
 「色い」にしても、現在言えるのはこの「黄色い」と、比較的最近言われるようになった「茶色い」だけである。そのほかは、「空色い」「水色い」「草色い」「チョコレート色い」など皆言わない。「茶色い」につづいて言われ出すのは「桃色い」ではなかろうかという気がする。
 最近、友人たちとの携帯電話メールのやりとりのなかで色の名の話が出た。それでこの「黄色い」についてちょっと書いておこうという気になった。
(『お言葉ですが別巻4』p.135)

 さりげなく自慢している。携帯電話メールのやりとりだって。高島俊男先生は昭和十八年に国民学校に入ったというお年である。
 この「「黄色い」ということば」のほか、「いぎたない」「中華民国牡丹江省……?」「チャリンコ」「「なのる」の意」「女の学校」がむかしの『お言葉ですが』のスタイルである。連載しているのだったら読者がどんどん手紙を寄せただろう。ところが別巻4は一篇を除いて全部書き下ろしである。てっきり講談社の『本』に連載しているものをまとめたものだと思っていた。
 高島先生健在である。買わなければ損。

Okotobabetsu4

目次(全体320頁)

ことばと文字と文章と(120頁)
いぎたない
「黄色い」ということば
中華民国牡丹江省……?
チャリンコ
「なのる」の意
女の学校
富永仲基の画期性
平田篤胤と片山松斎(30頁)
ラバウルの戦犯裁判(55頁)
閔妃殺害(23頁)
昭和十年代外地の日本語教育(50頁)

|

« 文豪の翻訳力(2) | トップページ | 医者の白衣 »

コメント

今から買いに行きます。

投稿: 森と申します | 2011年9月19日 (月) 16時42分

高島先生万歳!

投稿: 三十郎 | 2011年9月23日 (金) 04時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/41576997

この記事へのトラックバック一覧です: 高島先生健在:

» [読書][歴史][中国]高島俊男の新刊が出ていた!『ことばと文字と文章と―お言葉ですが…〈別巻4〉』 [見えない道場本舗]
この前「シャーロック・ホームズの愉しみ方」を出した著者・植村昌夫氏 シャーロック・ホームズの愉しみ方 (平凡社新書) 作者: 植村昌夫 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2011/09/16 メディア: 新書 クリック: 1回 この商品を含むブログ (3件) を見る のブログをあらためて... [続きを読む]

受信: 2011年10月 2日 (日) 08時27分

« 文豪の翻訳力(2) | トップページ | 医者の白衣 »