« 高島先生健在 | トップページ | アマチュアリズムの伝統 »

2011年9月 9日 (金)

医者の白衣

Stud02 34050102

『緋色の研究』における有名な出会い。シャーロック・ホームズの方が実験室用の白衣を着ている。ところが白衣なしのイラストもあるのだ。

Grossclinic

1875年、アメリカの医学校での公開手術授業。

Agnewclinic72

1889年、同じくアメリカ。手術中は白衣を着るようになった。アメリカとイギリスの違いはあるかもしれないが、1859年生まれのコナン・ドイルも1852年生まれのワトソンも授業は白衣なしのスタイルだったのではないか。医者になってからも手術中は白衣を着るとしても、普段の診察のときはフロックコートというスタイルがしばらく続いたのではないだろうか?
 アメリカの手術風景は
http://virtualmentor.ama-assn.org/2007/04/mhst1-0704.html

|

« 高島先生健在 | トップページ | アマチュアリズムの伝統 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/41586309

この記事へのトラックバック一覧です: 医者の白衣:

« 高島先生健在 | トップページ | アマチュアリズムの伝統 »