« Frontal development追補 | トップページ | ホームズの額の部分 »

2011年11月19日 (土)

ブータン仏教から見た日本仏教

 回忌法要があるのは、日本だけである。それは、仏教の輪廻思想からすれば、当然である。つまり、一般の場合、死後最長49日間で次の生まれかわりが決まるわけで、その間にできるだけ追善行為をすれば、故人によりよい生まれかわりが期待できる。しかし、すでに生まれかわった人(もっとも、人として生まれかわっているかどうかはわからない。ひょっとしたら、犬か猫かもわからない)に、数年後に改めて追加の追善法要を営む根拠はない。(p.91)

  540526705_77c2b31dfd_o

|

« Frontal development追補 | トップページ | ホームズの額の部分 »

コメント

ブータン国王夫妻の来日、かつてのチャールズ皇太子とダイアナ妃の来日を思わせる盛り上がりでしたね。
マスコミは何であんなに盛大に祭り上げたのでしょう。何か裏があるのではないかと勘ぐってしまいます。

投稿: ころんぽ | 2011年11月23日 (水) 18時25分

裏ですか? しかし王妃はかわいいと思いました。

投稿: 三十郎 | 2011年11月23日 (水) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/43061635

この記事へのトラックバック一覧です: ブータン仏教から見た日本仏教:

« Frontal development追補 | トップページ | ホームズの額の部分 »