« ストランド・マガジン | トップページ | 椿姫とは違います(2) »

2011年12月16日 (金)

椿姫とは違います(1)

 この本では『緋色の研究』の初めの方のシャーロック・ホームズの台詞

They are as jealous as a pair of professional beauties.

 を取り上げて、「professional beautiesは商売女にあらず。社交界の花形美女なり」と書いた。(はじめ私は「社交界の花形」と書いていた。「美女」を付け加えた方がよろしいと提案して下さったのは熊谷彰氏であった。ありがとうございます)
 ドーダ!(©東海林さだお&鹿島茂)
 ようやく一つ反論らしきものが出た。
 平山歯科医院日記http://blog.livedoor.jp/sherlockology/というサイト

「しかし、http://edwardianpromenade.com/women/the-professional-beauty/というサイトで、ほぼ同じ内容の主張を発見しました。チャーチル首相の母親も「professional beauty」であるという主張も同一です。これをもとにして肉付けしたものとおもわれます。他ではこういった主張は発見出来ませんでした。」

だって。(下線は引用者)
 失礼な。「他ではこういった主張は発見出来」なかったのは調べ方が悪いからです。
 これは私の「主張」にあらず。ほかにいくらでも書いている人がいて、私は一々典拠を挙げている。他人様のものをこっそり盗用するなんてことはしない。
 本日は野暮用あり。とりあえずここまで。

|

« ストランド・マガジン | トップページ | 椿姫とは違います(2) »

コメント

シャーロキアンには狭量な人間が多くて困りますな。自分の意に沿わない見解に対しては些細なミスを見つけて揚げ足を取ったり盗作呼ばわりしたりする。この歯科医師も質が悪そうだ。水戸黄門なら、格さん懲らしめてやりなさいとでも言うべきところ。

投稿: ころんぽ | 2011年12月16日 (金) 22時50分

黄門が自分で……

投稿: 三十郎 | 2011年12月16日 (金) 23時12分

こんにちは。

こちらこそ、いつも楽しく拝読しています。
ハイレベルの翻訳論争を期待しております。

投稿: 熊谷 彰 | 2011年12月17日 (土) 12時27分

いま、ニューヨークタイムズ記事を訳しています。これを読めば一目瞭然で論争にならない。しかし、なかなか凝った英語でむつかしいものですね。

投稿: 三十郎 | 2011年12月17日 (土) 17時48分

この高慢な歯科医師はBSIの会員らしい。
「私とジョン・ホールは当時のジャパン・ソサエティの会報で柔道のデモンストレーションが行われたことを論文にして報告していますが、残念ながらお眼にはとまらなかったようです。」
と書いているが、BakerStreetJournalにでも発表されたのだろうか。
あるいは書籍として出版されたのか。
「残念ながらお眼にはとまらなかったようです。」
と皮肉っぽい書き方ができるほど、部外者の目に止まるような公表のされ方だったのか。

投稿: | 2011年12月17日 (土) 22時45分

Egomania

投稿: S.H. | 2011年12月18日 (日) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/43402868

この記事へのトラックバック一覧です: 椿姫とは違います(1):

« ストランド・マガジン | トップページ | 椿姫とは違います(2) »