« 2011年12月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年1月 8日 (日)

Conan Doyle on Bryan Waller

 知能的にも精神的にも何のみやげもなく一年を楽しくドイツですごして(1876年に)エディンバラへ帰ってみると、家庭の事情はあいかわらず窮迫していた。…………母は大きな家を共用する方策をあみだしていたが、これはある点で母を楽にしたろうけれど、そのほかの点ではみじめにもした。(My mother had adopted the device of sharing a large house, which may have eased her in some ways, but was disastrous in others.)
(日p.28、英p.17)

 disastrousとはどういうことか? これだけしか書いてないのだから「みじめにもした」くらいの訳しか付けられないだろう。Bryan Wallerという名前は出てこない。

Fairdetail

  チャールズ・ドイルとメアリ・ドイル
http://ils.unc.edu/dpr/path/charlesdoyle/purpose.htm

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

1895年のストランド街

Strand_1895_01_web_large_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

小林司博士によれば

57

Doyle was born on May 22, 1859 at Picardy Place, Edinburgh, as the son of Charles Altamont Doyle, a civil servant in the Edinburgh Office of Works, and Mary (Foley) Doyle. Both of Doyle’s parents were Roman Catholics. His father suffered from epilepsy and alcoholism and was eventually institutionalized. Charles Altamont died in an asylum in 1893. In the same year Doyle decided to finish permanently the adventures of his master detective. Because of financial problems, Doyle’s mother kept a boarding house. Dr. Tsukasa Kobayashi has suspected in an article, that Doyle’s mother had a long affair with Bryan Charles Waller, a lodger and a student of pathology, who had a deep impact to Conan Doyle.

http://sirconandoyle.com/biography-of-sir-arthur-conan-doyle/

 小林先生に責任を取ってもらうつもりらしい。三島由紀夫の伝記が日本語ではなかなか出せなかったのと同じか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

コントラルト(4)

Scan01

「ボヘミアの醜聞」のオペラ版はどうなるだろうか。
 第一幕第一場はベーカー街221Bである。シャーロック・ホームズ(テノール)とドクター・ワトソン(バリトン)がマントルピースの前で差し向かいになって話し込んでいる。
 ハドソン夫人(コントラルト)が入って来て、ホームズにA gentleman to see you, sir.とだけ言って引っ込む。(アリア「私は辛抱強い女」を歌わせるのはまたの機会にする。)
 ボヘミア王(バス)登場。ホームズとやりとり。朗々たるバスでアリアIch bin der König.を歌う。レシタティーヴォ

The facts are briefly these: Some five years ago, during a lengthy visit to Warsaw, I made the acquaintance of the well-known adventuress, Irene Adler.

 をきっかけに回想シーンに入る(回り舞台使用)。場面はワルシャワ帝室オペラである。プリマドンナのアイリーン・アドラー(メゾソプラノ)がカルメンを演じている。アリア「ハバネラ」を歌う。

L'amour est un oiseau rebelle que nul ne peut apprivoiser,
et c'est bien en vain qu'on l'appelle, s'il lui convient de refuser.
Rien n'y fait, menace ou priere, l'un parle bien, l'autre se tait:

  ハバネラ
http://www.youtube.com/watch?v=8w9yJdkeryI&feature=related

 アイリーン・アドラーがケルビーノを演じて男装する場面も欲しい。弁護士ノートン(バリトン)はどういうふうに登場させればよいか。ボヘミア王とアイリーン・アドラーのデュエットはぜひ必要だ。
 ホームズ役にはマリオ・デル・モナコのような力強いテノールを使って派手なアリアを歌わせたいが、ふさわしい場面があったかな。
 なかなか、むつかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

コントラルト(3)

 あの女、アイリーン・アドラーはコントラルトだった。しかし現代で言えばナタリー・シュトゥッツマンのような純コントラルトではなく、アンネ・ゾフィー・フォン・オッターのようにメゾソプラノに分類されることもある声だったのではないか。オペラのステージ上ではカルメンなど、メゾソプラノの役を演じて活躍した。ズボン役も多かった。

ズボン役とは、オペラにおいて、男装する女性歌手の役柄を言う。元々はフランスオペラの伝統だったが、有名作品ではドイツオペラに多い。モーツァルト作曲「フィガロの結婚」のケルビーノ(メゾソプラノ)、ベートーヴェン作曲「フィデリオ」のフィデリオことレオノーレ(ソプラノ)、ヨハン・シュトラウス2世作曲のオペレッタ「こうもり」のオルロフスキー(メゾソプラノ)(まれにカウンター・テナーやテノールが歌うケースもあり、この場合はズボン役とは呼ばない)、フンパーティンク作曲「ヘンゼルとグレーテル」のヘンゼル(メゾソプラノ)、リヒャルト・シュトラウス作曲「薔薇の騎士」のオクタヴィアン(メゾソプラノ)が代表的。(ウィキペディア)

Der20rosenkavalier_s02803

 薔薇の騎士のオクタヴィアンはアイリーン・アドラーが演じたらぴったりだろう。残念ながら時代が違うが。
 シャーロック・ホームズに宛てた手紙

「でも、ご存じの通りお芝居には慣れておりますし、男装をいたすなど造作もございません。これまでにもよく、そのおかげで気ままにふるまったものでございます。私は馭者のジョンにあなたさまの見張りをさせておき、二階へ駆け上がって、散歩服と呼んでおりますが、急いでそれを身につけて降りてみますと、ちょうどあなたさまはお帰りになるところでございました。
 それからおあとをしたってお玄関先まで参り、私風情を狙っていらっしゃるのが、有名なシャーロック・ホームズさまに違いないことを確かめたのでございます。そして少しはしたなくはございましたけれど、ご挨拶申しあげて、その足でテンプルに良人を訪ねてまいりました。」(延原謙訳による)

Scan09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

コントラルト(2)

 シャーロック・ホームズの時代に活躍した有名なコントラルトのプリマドンナにエルネスティーネ・シューマン=ハインク(1861―1936)がいる。この人ならボヘミアの醜聞の事件の1887年には26歳である。しかしアイリーン・アドラーのモデルは彼女だ! と言いきるのはちょっとためらう。

Schumannheinkgramophone

 これは20世紀に入ってだいぶ経ってからの写真であるが、She was a well-known adventuress in her youth.とは言えないようだ。どちらかというと「家庭的」な容貌である。子供を七人産んだという。
 歌手としてのキャリアはすばらしい。
 彼女が有名になったきっかけは、ウィキペディアによると

「ハンブルク歌劇場の監督とプリマドンナのマリーエ・ゲッツェがいさかいを起こした時、エルネスティーネに突破口が開かれ、大役が転がり込んできた。劇場監督から《カルメン》の主役を演じるように依頼され、リハーサルなしで大評判をとったのである。」
 
 女の声は、上からソプラノ、メゾソプラノ、コントラルト(アルト)である。ふつうソプラノが女の主役、プリマドンナになる。メゾソプラノは侍女などの役が多い。コントラルトはせいぜいお祖母さん、乳母、下宿の女将といった役柄で、オペラでは活躍の機会が少ない。
 カルメンはメゾソプラノがプリマドンナになる数少ないオペラの一つである。ソプラノでは妖艶な感じが出ないからだろう。その他メゾソプラノが主役を務めるオペラには『サムソンとデリラ』『ウェルテル』などがある。
 コントラルトでも高音が出せる歌手は、オペラではカルメンなどメゾソプラノの役をやることがある。現代の歌手ではアンネ・ゾフィー・フォン・オッターなどがそうだ。

アンネ=ゾフィー・フォン・オッター(Anne-Sofie von Otter, 1955年5月9日 - )はスウェーデン人の著名なコントラルト歌手・メゾソプラノ歌手。レパートリーは非常に広く、オペラや宗教曲、歌曲といったジャンルに広がっており、スタンダードな作曲家のほかに、演奏や録音活動を通じてバッハ以前のバロック音楽や、ツェムリンスキーやコルンゴルトのようなウィーン世紀末の作曲家、シャミナードのような女性作曲家など、不当に忘れられた作曲家の再評価にも取り組んでいる。オペラにおいては特にズボン役の女声歌手の一人として知られ、楽曲に知的な解釈を示すことでも知られる。(ウィキペディア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年

395pxjapanese_dragon_chinese_school

 本年もよろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年5月 »