« コントラルト(4) | トップページ | 1895年のストランド街 »

2012年1月 5日 (木)

小林司博士によれば

57

Doyle was born on May 22, 1859 at Picardy Place, Edinburgh, as the son of Charles Altamont Doyle, a civil servant in the Edinburgh Office of Works, and Mary (Foley) Doyle. Both of Doyle’s parents were Roman Catholics. His father suffered from epilepsy and alcoholism and was eventually institutionalized. Charles Altamont died in an asylum in 1893. In the same year Doyle decided to finish permanently the adventures of his master detective. Because of financial problems, Doyle’s mother kept a boarding house. Dr. Tsukasa Kobayashi has suspected in an article, that Doyle’s mother had a long affair with Bryan Charles Waller, a lodger and a student of pathology, who had a deep impact to Conan Doyle.

http://sirconandoyle.com/biography-of-sir-arthur-conan-doyle/

 小林先生に責任を取ってもらうつもりらしい。三島由紀夫の伝記が日本語ではなかなか出せなかったのと同じか。

|

« コントラルト(4) | トップページ | 1895年のストランド街 »

コメント

こんにちは。

小林司氏がドイルの母親‐ウォラー博士不倫説を
英語論文化したという話、JSHC内では聞きませんが…

このサイト、どなたかの日本語論文を孫引きしたのかも
しれませんね。

投稿: 熊谷 彰 | 2012年1月 6日 (金) 12時23分

According to Dr. Kobayashiという言い回しをほかでも見た覚えがあります。小林先生(会員名はBaritsu)が英語論文を書いたのではないでしょうか。クラブの人たちならご存じかと思っていましたが。
英米人はaffairなどもし存命なら名誉毀損に当たりそうな言葉は使いにくいらしい。

投稿: 三十郎 | 2012年1月 6日 (金) 15時26分

小林先生はドイルの母親の不倫について熱心に説いておられましたが、英語論文となると
BakerStreetJounalでもSherlockHolmesJournalでも見たことがないですね。

投稿: ころんぽ | 2012年1月 7日 (土) 14時33分

"according to Dr. Kobayashi"でフレーズ検索してみると、この記事が2位になってしまった。でも確かに見た覚えがあるのですが。

投稿: 三十郎 | 2012年1月 7日 (土) 15時02分

"Dr. Tsukasa Kobayashi"では、やはりこの記事がトップになってしまいますが、
Biography of Sir Arthur Conan Doyle 
http://sirconandoyle.com/biography-of-sir-arthur-conan-doyle/
など複数のサイトでコピー&ペーストが行われているようです。どこが火元か? いずれにせよ英米人は自分で責任を取りたくないらしい。

投稿: 三十郎 | 2012年1月 7日 (土) 15時15分

ドイルママの不倫説を言い出したのは小林先生だったのですね。
同時(かどうかはともかく)多発的に同じ説を唱えている英米人が多くいるのだと思っていました。

投稿: ころんぽ | 2012年1月 7日 (土) 15時31分

小林先生が言い出したのかどうか? 1964年版ピエール・ノルドンの『コナン・ドイル』(英訳1966)にはブライアン・ウォラーがドイルの父親代わりの役割を果たしたと書いてあるけれども、お母さんとの関係には触れていません。ジュリアン・シモンズの伝記にも出てこなかったはず。英米の伝記に初めて出るのはいつだろうか?

投稿: 三十郎 | 2012年1月 7日 (土) 16時38分

不倫説は1978年に出版されたDudley Edwards著「The Quest for Sherlock Holmes」が最初だとか。

http://homepage2.nifty.com/shworld/05_tin_binran/16_card.html

投稿: メアリ・ジェーン | 2012年1月13日 (金) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/43628321

この記事へのトラックバック一覧です: 小林司博士によれば:

« コントラルト(4) | トップページ | 1895年のストランド街 »