« 個人的に取らないでくれ | トップページ | コナン・ドイルの殺人許可証 »

2012年9月10日 (月)

株式仲買人など

 ホームズ正典のStockbloker's Clerkは延原謙氏以来「株式仲買人」と訳することになっているが、やかましいことを言えば正確ではない。
 Stockblokerというのは元来は個人の資格でシティで株式の取引をしていたのだろうが、現在では「証券会社」がstockblokerとして取引をしているので、clerkはその会社の事務員に過ぎない。
 ポール・パイクロフト氏の時代でもすでにそういうことになっていたらしい。だから「株式仲買店員」という訳題を採用している場合もあるようだ。
 しかし「証券会社社員」などでは正確かも知れないが調子が悪いように思う。
 題名というのは特殊で、「白銀号事件」「シルバーブレイズ」「四人の署名」「四つの署名」「緋色の研究」「緋色の習作」など、どれもよろしいと思う。

|

« 個人的に取らないでくれ | トップページ | コナン・ドイルの殺人許可証 »

コメント

たいへん楽しく読ませていただいています。
ただ、StockblokerではなくStockbrokerだと思います。
あれ?

投稿: ヤス | 2013年2月 3日 (日) 14時50分

ご指摘の通り、間違いでした。弘法も木から落ちる。

投稿: 三十郎 | 2013年2月 3日 (日) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/47026507

この記事へのトラックバック一覧です: 株式仲買人など:

« 個人的に取らないでくれ | トップページ | コナン・ドイルの殺人許可証 »