« 和文英訳の憂鬱 | トップページ | 和文英訳の憂鬱(2) »

2012年11月16日 (金)

殺しの番号

日下 安倍晋三さんが首相時代、日本もイギリスのMI6のような情報機関をつくろう、という話があった。それを聞いた評論家の佐々淳行さんは質問しました。
「それは人殺しをしますか?」
 その瞬間、シーンとしてしまった。暗殺の引き受けをしない情報機関など、世界ではだれも相手にしません。(p.54)

 なるほど、日本では007は無理だろう。0035(半殺しの番号)がせいぜいだ。

Images_3

|

« 和文英訳の憂鬱 | トップページ | 和文英訳の憂鬱(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/47865014

この記事へのトラックバック一覧です: 殺しの番号:

« 和文英訳の憂鬱 | トップページ | 和文英訳の憂鬱(2) »