« Sensational Literature | トップページ | 角川版シャーロック・ホームズを読む(4) »

2013年5月16日 (木)

角川版シャーロック・ホームズを読む(3)

シャーロック・ホームズの能力に関する特徴

十一、棒術、ボクシング、剣術に熟達している。

 シングルスティックが棒術でないことは、ずいぶん前に指摘した。

 今ではウィキペディアに「シングルスティック」という項目があって正しい記述がしてあるくらいだ。
 I田D作先生のお言葉(だんだんよくなる法華の太鼓)を忘れるな。半世紀以上前からの間違いがそのままでは困るじゃないか。

 ところで『シャーロック・ホームズの愉しみ方』に書いてあることはウィキペディアと同じだ――などと言わないように。シングルスティックがどんなものかは、私が初めて書いたのだ。ウィキの記事は当ブログが元なのです。

Quarterstaff_line_drawing__projec_2

 もちろん英国にも棒術はあった。しかし、ロビン・フッドがシャーウッドの森でなら分かるが、シャーロック・ホームズがロンドンで棒術など使うはずがないだろう。

|

« Sensational Literature | トップページ | 角川版シャーロック・ホームズを読む(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/51637580

この記事へのトラックバック一覧です: 角川版シャーロック・ホームズを読む(3):

« Sensational Literature | トップページ | 角川版シャーロック・ホームズを読む(4) »