« 角川版シャーロック・ホームズを読む(2) | トップページ | 角川版シャーロック・ホームズを読む(3) »

2013年5月15日 (水)

Sensational Literature

 Sensationalは「通俗」ではなくて「扇情的」である。「犯罪に関係する→sensationをかきたてる」ということだ。
 Literatureは、ここでは文学ではなくて文献である。
 ホームズは過去の犯罪文献をよく読んでいるから、「千の犯罪に通暁していれば、千一番目の犯罪を解明できないはずがない」と豪語できる(角川文庫p.21)のである。
 ブログ筆者は、センセーショナルな文献の代表としてニューゲイト・カレンダーを挙げたことがある。calendarという言葉は『緋色の研究』にも出てくる。

_"You seem to be a walking calendar of crime," said Stamford with a laugh. "You might start a paper on those lines. Call it the 'Police News of the Past.' "
 角川文庫の駒月訳では「さしずめ、歩く犯罪事典だな」となっている。これでよろしい。カレンダーは暦とは限らない。

 sensationalを通俗では駄目だが、literatureを文学としてよい場合がある。sensational literatureで「扇情的文学」くらいか。
 ウィキペディア英語版にSensation novelという項目がある。
http://en.wikipedia.org/wiki/Sensation_novel

The sensation novel was a literary genre of fiction popular in Great Britain in the 1860s and 1870s, following on from earlier melodramatic novels and the Newgate novels, which focused on tales woven around criminal biographies, also descend from the gothic and romantic genres of fiction. Ellen Wood's controversial East Lynne (1861) was the first novel to be critically dubbed "sensational" and began a trend whose main exponents also included Wilkie Collins (The Woman in White, 1859; The Moonstone, 1868), Charles Reade, and Mary Elizabeth Braddon (Lady Audley's Secret, 1862).

『月長石』や『白衣の女』もsensation novelだったのか。さらに

Typically the sensation novel focused on shocking subject matter including adultery, theft, kidnapping, insanity, bigamy, forgery, seduction and murder. It distinguished itself from other contemporary genres, including the Gothic novel, by setting these themes in ordinary, familiar and often domestic settings, thereby undermining the common Victorian-era assumption that sensational events were something foreign and divorced from comfortable middle-class life. W. S. Gilbert satirised these works in his 1871 comic opera, A Sensation Novel.

 エレン・ウッドの『イースト・リン』がsensation novelの最初のものらしい。むかしのイギリスでは高級文学と通俗文学の区別なんかなかった。ディケンズを見よ――と言う人がいるが、これは間違いで、ディケンズよりはるかによく売れた作家がいた。このことは小谷野敦氏がすでに書いている。
 エレン・ウッド(1814-1887)は雑誌を買い取って編集長になり、犯罪や姦通を扱ったきわもの小説を連載して大売れに売れた。ウィキペディア英語版Ellen Wood  http://en.wikipedia.org/wiki/Ellen_Wood_

|

« 角川版シャーロック・ホームズを読む(2) | トップページ | 角川版シャーロック・ホームズを読む(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/51623427

この記事へのトラックバック一覧です: Sensational Literature:

« 角川版シャーロック・ホームズを読む(2) | トップページ | 角川版シャーロック・ホームズを読む(3) »