« 下訳について(2) | トップページ | 下訳について(4) »

2013年10月27日 (日)

下訳について(3)

 書籍の翻訳では下訳はふつうに行われているらしい。
 ウィキペディアで見ると中村能三が大久保康雄の下訳をしていたと書いてある。中村能三なら、大久保康雄よりはるかに腕が上ではないか。

 ハヤカワのシャーロック・ホームズを見る限り、大久保康雄氏(または彼の当時の下訳者)の訳はナマクラである。
 中村能三氏は、新潮文庫のサキ短篇集を読んでから英語のサキ短篇全集を読んだから、すごい訳者だということが分かる。岩波文庫の『サキ傑作集』と比べると、将棋で言えば大駒一枚上の腕である。プロとアマの違いがある。

 編集者の立場で考えれば、大久保康雄氏のような翻訳者に頼むのが安心である。締切までに一定水準の翻訳が必ず出来てくる。
 編集者として一番怖いのは、誤訳ではなく「予定した翻訳が期限までにできない」ことらしい。だから、「アインシュタインの機械翻訳」のような事件が起きる。 ;
 中村能三氏のような超絶技巧の翻訳は必要がない。大久保康雄氏(または彼の下訳者)ならば、一定水準の翻訳ができてそれでオーケーなのだ。誤訳を指摘したりするのは、マニアだけである。マニアだって、シャーロック・ホームズでなければ、わざわざ原文と照合したりはしない。

|

« 下訳について(2) | トップページ | 下訳について(4) »

コメント

大久保康雄のホームズ下訳者石田達夫氏について、
あるブログに言及がありました。

http://h-doyle.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: ころんぽ | 2013年12月 5日 (木) 14時19分

ありがとう。見ました。熊谷さんですね。どういうつもりでした訳なんかするのだろう。

投稿: 三十郎 | 2013年12月12日 (木) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/53739458

この記事へのトラックバック一覧です: 下訳について(3):

« 下訳について(2) | トップページ | 下訳について(4) »