« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年11月25日 (月)

下訳について(8)

 村上春樹は吉行淳之介と同様に下訳を活用する資格があるはずだ。レイモンド・カーヴァーよりはるかに有名なのだから。

 ところが、「一番面白いところを他人に取られてたまるか」というので下訳などは使わないのだという。代わりに語学的な間違いがないか訳稿を他人にチェックしてもらうらしい。
 柴田元幸によると、「以前は肝臓と腎臓を必ず取り違えておられました」というのだ。しかし、柴田「村上さんと一緒に仕事をして勉強になりました」。翻訳が単に語学の問題ではないことは言うまでもない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

下訳について(7)

 下訳を使ったことがはっきり分かっている本がある。たとえば、キングズレー・エイミスの『酒について』。

 これは丸谷才一が原書を見つけて講談社に「これは面白いよ。ただし僕は翻訳しないからね」と推薦したらしい。
 普通の読者はキングズレー・エイミスなんて知らないから、吉行淳之介の名前で売ろうとしたらしい。共訳という形になっているのは、下訳者がある程度地位のある人(どこかの大学の英文学教授)で無視できなかったからだろう。吉行淳之介はたぶん日本語だけ読んで少し手を入れたのだろう。良心的な方である。

 翻訳に限らず、実際の執筆者と著作権表示者が異なる「代作」の例は多い。ウィキペディアの「ゴーストライター」によると
 松本伊代のエッセイや池田大作の『人間革命』は代作だそうだ。伊代ちゃんや池田先生が自分で本を書くとは誰も思わないから、こういうのは罪が軽い。
 
 ひどいのは川端康成である。

 文章読本(伊藤整による代作)
 東京の人(梶山孝之による代作)
 乙女の港、花日記(中里恒子による代作)
  眠れる美女(三島由紀夫による代作?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

ウィキペディアを自分で書く

 かなり前のこと、私のブログのコメント欄に「あなたの記事はなかなか面白い。近々私のサイトで紹介してあげますからお楽しみに」という書き込みがあった。こういうのを「上から目線」というのかな? 匿名ではなくS村Y香とはっきり名前が書いてあった。
 有名な人なのか。ウィキペディアで調べてみた。
 ウィキペディアには
 「S村Y香は日本のエッセイスト、コラムニスト」と書いてあった。そんな人知らないよ。
 経歴は、A短期大学卒業はよいとして、大阪府立浪花ド根性高校昭和何年卒業(第何期生)、2歳で喘息になる云々と書いてあった。本人しか知らないことだ。
 ウィキには

この記事の主題はウィキペディアにおける一般的な特筆性の基準を満たしていないおそれがあります。特筆性を証明するために、記事の主題についての信頼できる二次資料を求めています。なお、特筆性が証明できない場合には、記事は統合されるか、リダイレクトに置き換えられるか、さもなくば削除される可能性があります。(2009年11月)

 と注意書きがあり、まもなく記事が削除された。
 僕も自分でウィキの記事を書いてみようかな? 宣伝になる。
 ****は日本の翻訳家……○○や××の名訳で知られている……なんちゃって。
 ウィキペディア英語版には、モハメッド・アリやマイク・タイソンが自分の記事を作って「俺が最強だ」と書いたりしては困るでしょう――と書いてある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

下訳について(6)

 下訳者になりかけたことがある。
 ずっと昔、かなり有名な翻訳家のT氏がお茶の水で「翻訳夏期口座」というようなものを開いたのに、出席した。T氏はもう亡くなられたが、『戦後翻訳風雲録』にも登場している。
 T氏は私の父親に近い年齢だったが、半ズボンにTシャツという恰好だった。「いいなあ」と思った。
 1950年代のアメリカの短篇小説が教材で、受講者がそれぞれ訳文を提出した。私の訳文は正確だったから気に入られたようだ。あのとき「先生、弟子にして下さい」と言えばよかったのだ。下訳をやらせてもらって、そのうちに自分の名前で訳書が出せただろう。
 私は今世紀になってから訳書を出したが、今さら下訳もできないので、面白そうな本を見つけて一部訳したものを出版社に持ち込んだ。ホームズ(翻訳は一部で「著書」である)とドイルはまずまずだが、ガンディーは売れ残って迷惑を掛けた(面白いはずなのに。アマゾンではまだ入手可能です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

下訳について(5)

 下訳の成功例。開高健のエッセイで読んだ覚えがある。My Secret Lifeを全訳して出版社に持ち込んだ人がいた。読んでみるともちろん面白い。ぜひ出したいが、翻訳は正確ではあるようだがどうも日本語が固くてよくない。田村隆一氏に日本語だけ見て直してもらったのが、いま河出文庫などから出ている『わが秘密の生涯』なのだそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

下訳について(4)

 以下、空想です。
 私が、大久保康雄氏のような有名な翻訳者であるとする。楽をして稼ぐには、やはり下訳を使うに限るだろう。
 優秀な下訳者を見つければよい。
 私と同じくらいか私より上の語学力がある若い人を見つける。
 語学力? 英検などは信用しない。1級といっても白帯じゃないか。黒帯でなくてはだめだ。
 トーフルだかトーイックだかは一度受けさせられたことがあるが、あれも駄目だ。あんなもので何点なんてアホらしい。
 元専門家として言えば、やはり受験英語に限る。
 京大の入試問題を実際の入試と同じ条件で解かせてみる。東大の問題は駄目だ。出題形式を工夫しすぎている。
 京大の問題は、英文和訳(下線部訳ではなく全文訳)2題と和文英訳1題だったと思う(採点はさぞ大変だろうと思うが)。最近は出題形式を変えているだろうか? それなら古い問題を使う。
 答案を見れば「使えるか、使えないか」の判定はつくはずだ。
 しっかりした語学力のある人に下訳をワードファイルで出させて、ワトスン→ワトソンのように自分の好みで少し直すけれど、ほとんどそのまま出版社に渡す。
 これなら随分楽だ。しかし、いつまでも搾取を続けることは徳義上許されないから、2年くらい経ったら、出版社に「この人は腕が確かです」と紹介してあげて、別の下訳者を見つける。
――というようなことができればいいのだけれど。
 いや、私にできないだけで、こういうシステムは未だ健在であるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »