« シャーロック・ホームズの気晴らし | トップページ | あの女の夫(2) »

2014年10月18日 (土)

英会話不要論

   
 日本人は英語は読めても話せない。それは日本の英語教育に問題があるのではないか――長年指摘されてきたこの問題を解決すべく、文部科学省は2011年以降、小学校5年から英語を必須科目とし、さらに20年までに、小学校3年から英語教育を導入する方針を打ち出した。そんな風潮に対し、英語教育の第一人者が本書で、「英語が話せなくて何が悪い」と異議を唱える。
「帰国子女は英語がペラペラでうらやましいか?」「小学校で英語を教えるとどうなるか」「『読み書きはできるけど話せない聞けない』は本当か?」「センター試験にリスニングが導入された成果は?」などをテーマに、日本人が長く馴染んできた文法・読解中心の英語教育が、いかに外国語の習得に効果的であったかを具体的に指摘していく。(アマゾンの内容紹介)
 文科省の新方針は、日本をフィリピンのような国にしようというフリーメーソン(イルミナティ?)の陰謀だ。
 現行の指導要領でも、中学校では主語、動詞、冠詞などの術語も使えないのだ。文法読解中心の英語教育はすでに崩壊している。読めても話せないのではなく、読めないのだ。幸い、話す必要はない。
 僕が独裁者だったら、英語教育はラテン語式にやらせる。「女王は少女にバラを与える」⇔The queen gives the girl a rose.(Regina puellae rosam dat.) 

|

« シャーロック・ホームズの気晴らし | トップページ | あの女の夫(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/57711853

この記事へのトラックバック一覧です: 英会話不要論:

« シャーロック・ホームズの気晴らし | トップページ | あの女の夫(2) »