« あの女の夫(1) | トップページ | 英会話不要論 »

2014年10月17日 (金)

シャーロック・ホームズの気晴らし

 

 まず『シャーロック・ホームズの気晴らし』という題がすばらしい。フランス語ではLes Passe-temps de Sherlock Holmesである。passeーtempsは英語ならpastimesである。

 ワトソンの英語を仏訳したルネ・レウヴァン氏も偉い。訳文は正確なだけではなく、原英文にはなかったであろうフランス風味と文学風味も加わっている。
『煙草王ハーデンの脅迫事件』は、「有名な煙草王、ジョン・ヴィンセント・ハーデンが奇妙な脅迫を受けていたことに関する難事件」として、Solitary Cyclistで言及されている。
 事件が始まる前、221Bの部屋でホームズが取り組んでいるのは、ジェラール・ド・ネルヴァルの縊死事件(1855年1月26日)の謎である。自殺か他殺か? テオフィール・ゴーティエやアレクサンドル・デュマはどういう反応を示したか。
 脅迫事件の犯人はすぐに突き止められたが、この犯人によるさらに恐ろしい犯罪を防ぐためにホームズは何をしたか?
 ホームズは、まず『若きウェルテルの悩み』を精読する。これで、犯人の手口が分かるのである。ウェルテルがちょっと旅行に出るから貸してくれと言ってアルベルトから借りた拳銃は前装式単発であったから、二丁で一組だったはずだ。

 しかし、ホームズは「文学の知識ゼロ」だったはずだ。「カーライル? それは何をした人?」と聞いたのじゃなかったか?
 大丈夫。終幕では
「君はカーライルを知らないと言ったじゃないか」
「あの言葉を信じたのかい?」
 というやりとりがある。やはり猫をかぶっていたのだ。ホームズはカーライルを読んでドイツ文学の研究に向かったのだろう。ウェルテルは原文で読んだのかもしれない。英訳はすでに出ていたが。

|

« あの女の夫(1) | トップページ | 英会話不要論 »

コメント

该怎么说啊,打多少字才显的有文采啊,这样说好不好啊,会不会成热贴啊,我写的这么好会不会太招遥,写的这么深奥别人会不会看不懂啊,怎样才能写出我博士后的水平呢,半年写了这么多会不会太快啊,好激动啊!!!
t裤 http://www.338c.com/prolist.44.html

投稿: t裤 | 2014年10月26日 (日) 18時39分

我不可読中文。Please write in Japanese or English.

投稿: 三十郎 | 2014年10月28日 (火) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21109/57706218

この記事へのトラックバック一覧です: シャーロック・ホームズの気晴らし:

« あの女の夫(1) | トップページ | 英会話不要論 »