« 2014年10月 | トップページ | 2015年4月 »

2014年11月15日 (土)

ハエとハエとり壷(2)


 

『ガンディーと使徒たち』の訳者あとがきの一部。

 著者ヴェド・メータは、1934年に英領インドのパンジャーブ州ラホールで生まれた。父親は英国で医学教育を受けた高級官僚だった。インドの独立は、メータが13歳の時である。メータ家はヒンドゥー教徒であるから、パキスタン領となったラホールから難民となって逃れた。本書の難民の描写は、著者の個人的体験に裏づけられている。当時の体験は、自伝の一部The Ledge Between the Streams(『川の中の岩礁』1984)に描かれている。
 メータは四歳の誕生日直前に髄膜炎を患い、視力を完全に失った。本書を書くには「四感を最大限に動員」し、同行者の視覚を借りたのである。膨大な資料はすべてamanuensisに朗読してもらったという。この単語は辞書には「筆記者」とあるが、目の不自由な人が学業や著作を行うための助手である。メータはamanuenses(複数)に頼って、カリフォルニアのポモナ大学、オックスフォード大学、ハーバード大学大学院を卒業し、口述筆記で25冊の本を書いている。
 メータの著作には二系列がある。一つは彼がContinents of Exile(流謫の大陸)と呼ぶ一連の自伝的著作で、もう一つは本書を含めた一般の著作である。後者では、メータは自分が盲目であることに一切触れていない。しかし、彼の本は自伝的著作を含めて過半がニューヨーカーに連載されたから、英語の読者はよく知っていることなのである。
 メータは1961年から1994年までニューヨーカーのスタッフ・ライターであった。これは編集部員ではなく、基本的にはフリーランスの作家である。編集部内に個室を提供され(メータの場合には助手がついた)、著作は最初にニューヨーカーに載せるという契約を結ぶだけである。
 1952年から87年まで、ニューヨーカーの編集長はウィリアム・ショーンであった(謝辞に彼の名をあげている)。ショーンは商業主義を排し、インド、言語学、神学、哲学などの地味な主題でメータに自由に書かせた。本書の前に書いた『ポートレート・オブ・インディア』は67年から3年がかりで連載された。オックスフォード言語哲学を主題に『ハエとハエ取り壺』(みすず書房)を書くように奨めたのはショーンで、この本はベストセラーになった。メータは〈流謫の大陸〉の一部として書いたRemembering Mr. Shawn’s New Yorker(『ミスター・ショーンのニューヨーカー』1998)で、彼の「見えざる編集の業」(副題The Invisible Art of Editing)を偲んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

英語の夢

 渡辺昭宏先生は仏教学者である。サンスクリットとパーリ語ができるのは当然として、英語、フランス語、ドイツ語、ラテン語、ギリシャ語にも堪能であるらしい。さらに、ヒンディー語、ウルドゥー語、ベンガル語などインド諸語にも通じているらしい。ロシア語やシナ語やアラビア語などもできるものすごいマルチリンガルである。
 この本は何十年も前に読んだのだが、今でも覚えている箇所がある。渡辺先生は新しい言語を熱心に勉強していると、やがてその言語で夢を見るというのだ。
 僕は、使える外国語は英語だけだが、英語の夢は、最近一度見たきりだ。夢の中で、どういうわけかフランス人に用があって、S'il vous plait と口を切ったのだが、後が続かない。英語に切り替えたら話が通じてよかった。どういう用件で何をしゃべったかは忘れてしまった。
 これ以外は、日本語の夢ばかりだ。ときどき、アメリカ人多数の中にただひとりの日本人として混じっているような夢を見ることがある。自分が日本語を話すのはよいとして、周りのアメリカ人同士も日本語で話している。テレビの吹き替えか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

ハエとハエとり壷

 

  私はヴェド・メータの『ガンディーと使徒たち』を訳したけれど、彼のFly and the Flybottleはまだ読んでいなかった。

What is the aim of philosophy?  To show the fly the way of of the fly-bottle.
(Ludwig Wittgenstein "Philosophical Investigations")

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年4月 »