ガンジー

2011年11月11日 (金)

マコーリーの遺産

(マコーリーは)1834年には自らインドに赴任した。インド刑法典の編纂、および英語教育の普及に関して長大な覚え書きを残した。刑法典は改正されつつ今もマコーリーの編纂した形を残し、一方でシンガポール・ナイジェリアなど他の植民地の刑法典もマコーリーのものが基礎になっている。英語教育では、英語話者をインドに多数輩出してインド人をイギリス人に作り替えようと説いた。英語はのちに、インドの公用語のひとつになっている。(ウィキペディア)

 マコーリーの植民地用刑法典には「ムチ打ち刑」が定められていた。ムチで叩かれるのは、もちろん「現地の土人」である。『ガンディーと使徒たち』から、1906年の南アフリカと1919年のインドを見てみよう。

 1906年初め、ズールー族の酋長がズールーランドに入った徴税官を投槍で殺し、この事件をきっかけに騒乱が起こった。英国は一八八七年にズールーランドをナタールに併合していたが、主として農業で暮らしていた勇猛なズールー族はこれを嫌った。ナタール政府は、いわゆる「ズールーの反乱」を鎮圧するために討伐隊を派遣した。ボーア戦争のときと同じように、ガンディーは大英帝国の忠良な臣民として英国に味方すべきだと思ったから、再び篤志救急隊を組織した。
 ガンディーが救急隊とともにズールーランドに入ってみると、討伐隊は公開の絞首刑と公開の笞打ち刑で「反乱」を鎮圧しようとしていた。救急隊が看病した負傷者の大部分はズールー族だった。「私たちが行かなければ傷ついたズールー族は何日でも放っておかれたに違いない。ヨーロッパ人は黒人の傷の手当てなどしてやろうとはしなかった。……私たちは五日も六日も放置されて悪臭を放っていたズールー人の傷を消毒してやった。私たちは喜んで仕事をした。ズールー人は私たちと話は通じなかったが、手振りや目の表情から、神が私たちを救助に派遣されたと思っているようだった」討伐隊の蛮行は悪評を呼び、討伐はすぐに中止された。ガンディーの救急隊は六週間でヨハネスバーグに帰った。

(1919年)四月十三日、約五千人の市民が禁止令を無視して、周囲を建物に囲まれたジャリヤーンワーラー・バーグの公園で集会を開いた。ダイヤー准将は公園の入口を軍隊で封鎖し、発砲を命じた。閉じこめられ武器を持たぬ群衆は恐怖に駆られて逃げまどった。十分のうちに、少なくとも四百人が殺され、千二百人が負傷した。翌日、ダイヤー准将は、英国人女教師が襲われた現場ではインド人は償いとして「四つん這いに這って歩け」という命令を下した。さらに彼は、インド人が英国人に対して十分な敬意を示さないときは(たとえば牛車に乗っておれば直ちに降りて敬礼しなければならない)、公開笞打ち刑に処すと宣告した。しばらくして虐殺とダイヤー准将の暴虐の知らせがようやく届いたとき(ヨーロッパ人や英印混血児に対する暴力は広く取り上げられたが、虐殺のニュースは検閲で抑えられていた)、英国はインドを隷属させておくために手段を選ばないのだ、とガンディーは思った。しかし、そもそもハルタールを呼びかけて暴力の引き金を引いたのは自分ではないか。彼は自分の過ちの大きさを思い、これを「ヒマラヤ的大失錯」と呼んだ。インド社会の悪の力を過小評価して、準備の整わぬ国民にサティヤーグラハを呼びかけたのが、彼の間違いだった。
 一方、政府は四つん這い命令をすぐに取り消し、著名な法学者ハンター卿を委員長とする調査委員会を組織した。委員会は徹底的かつ公平な報告を出した。しかし、ジャリヤーンワーラー・バーグの虐殺は、インド統治史上例外的な事件ではあったが、英国の暴虐の代名詞となった。

 1919年の事件は「アムリットサルの虐殺」と呼ばれることが多い。
  ムチ打ち刑は本国でも19世紀の初めには行われていた。植民地では独立まで残っていた。たとえばジョージ・オーウェルを見よ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

ヴィクトリア朝の英語(4)

 マコーリーが教え込もうとしたヴィクトリア朝の英語は現代のインドにまだ残っている。たとえば、ヴェド・メータは『ガンディーと使徒たち』で、ガンジーの秘書だったピアレラールが書いたガンジー伝の序文を取り上げて次のように書いている。(p.69)

 ピアレラールはガンディー列聖の伝統に忠実であり、装飾的で冗長な化石化したヴィクトリア朝インド式の英語で、仰々しくあくまでも恭しく語る。彼は自著の目的をこう語る。

「本書は多くの重要な人物や事件を取り扱っているが、それらに対する著者の意見を述べたものではない。重要な事件とその主役であった人々の行動を、「愛の法則」を発見してこれを現代の問題に適用せんとしたガンディージーの偉大な実験との関わりにおいて、理解し説明せんとする試みである。」(これは訳文で原文は下の通り)

"This book is not a verdict on men and events―though men and events are discussed in it―but only an attempt to understand and explain certain events and actions of the men who made those events and in the process were themselves made by those events, in the context of Gandhiji's great experiment to discover the Law of Love and how it could be applied to solve the problems that face the present-day world."

ヴィクトリア朝インド式の英語である。センテンスがむやみに長く構文がむやみに複雑である(訳文は訳しきれないので簡略化した)。同じ趣旨をもっと簡潔明晰に書けるはずである。
  ガンジーの秘書は英国支配下で英語教育に過剰適応してしまった。オリエンタリズムの権化であったマコーリーの文体で独立の父の伝記を書くとは!
 ガンジー自身の英語は、さすがにもっと透明でニュートラルである。まず内容がすらりと頭に入るように心がけていたようだ。しかし、ガンジーは英語で書くのが一番楽だったらしく、インド人がそんなことではだめだと「ヒンディー語国語化運動」をはじめたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

ヴィクトリア朝の英語(3)

インド人を英語で教育して英国化しようというマコーリーの狙いは成功した。インドの独立を担ったのは「インド国民会議派」であったが、

 一八八五年の設立以来、国民会議派で活動してきたのは上層中層のインド人だった。彼らは英国人経営の学校や大学で教育され英国化された弁護士であり、西洋式の服を着て互いに英語で話し、英国支配を転覆するよりも英国人のパートナーになろうとしていた。会議派の集会は真剣な討論ではなく雄弁大会だった。(p.139)

1920年にガンジーの「non-cooperation非協力」が綱領として採択され、ガンジーの指導下にインドの自治を目指す本格的な政党になったのである。(綱領に採択されたのは「非暴力non-violence」ではなくて「非協力non-cooperation」である。)
 そのガンジーも1888年に19歳で英国に留学したときは、インドの独立などは夢想だにしなかった。ルイス・フィッシャーのガンジー伝によれば「初めのうち、ガンジーは自分が英国人になれると思っていた」。だから

 社交ダンスを習うことにして、週二回ダンス教室に通い始めた。しかし音楽に合わせてステップを踏むのは難しかった。まず西洋音楽を知らねばと思ったので、社交ダンスは三週間であきらめて、ヴァイオリンを買い込み、個人教授を受けることにした。しかしヴァイオリンならインドにいても習えるはずだった。何より音楽がまるで分からなかったので、これもすぐあきらめてヴァイオリンは売り払った。彼は英国流に新聞を読むことを覚え、デイリー・ニューズ、デイリー・テレグラフ、ペルメル・ガゼットの三紙を毎日読み始めた。英語の上達のために雄弁術のレッスンを受け始めた。アレクサンダー・メルヴィル・ベルの『標準雄弁術』に取り組み、まずフランス革命時の英国の首相ウィリアム・ピットの演説を研究したが、まもなくこれも止めてしまった。(p.125)

 ガンジーは1893年に南アフリカに渡り、露骨な人種差別に衝撃を受けるまではノンポリであった。1915年にインドに帰国し、1921年ごろから「マハトマ」と呼ばれるようになった。
 ガンジーはヒンディー語をインドの国語にしようとしたが失敗した。高等教育は今でも英語で行われている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

インド財閥のすべて

 アマゾンでは、「革命人士」というペンネームの人が次のようなカスタマーレビューを寄せている。この人はすでに560件のレビューを書いている精力的な本読みである。

(星三つ) タタだけじゃない、インドの財閥経済, 2011/10/9

 タタ財閥しか知らなかったが、血縁が重んじられるインドでは財閥が幅を聞かせていて、インドの株式指数に入っている企業の7割が財閥系という。本書では、19世紀中盤からの財閥史のほか、頂点に君臨するタタ、多数の企業群を整理統合して再生するビルラ、急成長の後、兄弟で分裂したリライアンスというインドを代表する3大財閥にそれぞれ1章を割き解説しているほか、中規模財閥群についても簡潔に紹介されている。
 19世紀の英国支配で、東インド会社と取引していたインドの商人グループが財閥化した。機を見るに敏な商人財閥は、その後の民族主義運動、独立後の護送船団経済と特定の産業振興策と、時流にその都度うまく乗り、生き残ってきた。ムンバイの拝火教徒だったタタ財閥の勃興にはアヘンの清国輸出も大きな支えになったし、ビルラ財閥の当主はガンディーの最側近の一人で、ガンディー暗殺はビルラ家の門前だったという。
 タタ財閥は創立時の日本郵船と共闘して、世界の海運を独占していたイギリスのP&Oと戦ったいう話を読み、その歴史の古さを知った。新興国として急成長するインド経済に大きな関心が集まっているが、インドの近代経済システムの基盤が昨日今日できたものではない、香港や日本と同時期であるというのに驚いた。同時に「これだけ商売上手が多いのに、なぜ近年まで経済が低迷していたのか」という疑問もわいたが。

 星三つは点が辛いと思うが、なかなか筆力がありよく内容を伝えている。ただ下線部はちょっと読み違えだ。ガンディーの暗殺について本書では

 一九四八年一月三〇日午後五時七分、ガンディーが、ヒンドゥー教右派の青年ゴードセイによって銃弾を浴び暗殺された。
 デリーの官庁街に面したビルラ邸。その正門から向かって右端にあった離れをガンディーは定宿としていたが、ここで事件は発生した。ガンディーは最後まで印パ分離独立に反対し続け、独立後も宗教暴動を沈静化するための融和メッセージを発信していたが、ヒンドゥー教右派からは疎ましく思われていたのである。(p.138)

 インドについては私も部分的な知識がある。巨象を知るには群盲が知識を持ち寄ればよい。ガンディーの暗殺については

 一九四八年一月三十日であった。場所はニューデリーのガンシャン・ダス・ビルラの邸宅の一室であった。時は午後四時三十分であった。ガンディーは床に坐っていつもの通り夕食を食べながら、ネルーとの対立を調停しようとパテルと話していた。アバー・ガンディーが入ってきて、ガンディーのドーティーにピンで留めた大きな時計を指さした。ガンディーは立ち上がり、バスルームに行ってから、アバーともうひとりの若い女性、マヌ・ガンディーの肩に手を置いて外に出た。三人は庭の芝生の方へ足早に歩いた。そこにはすでにガンディーの夕べの祈りに参列する会衆が五百人ほど集まっていた。人々は彼のダルシャンを受け足に触ろうと殺到した。ガンディーは娘たちの肩から手を放し、合掌して挨拶した。彼がいつも坐る木の壇から数ヤードまで来たとき、髪を短く刈り瞼の厚い屈強な男が会衆をかき分けて彼の前に進んだ。額ずくように見えたが、そうではなかった。男は小さなピストルを三発撃った。ガンディーは地面に崩れ落ち、こときれた。衝撃と混乱の中で、弟子たちは遺体をビルラ邸に運び入れた。遺体は、彼が最後の日々を過ごした部屋に安置された。 (p.p.227―228)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

インド独立裏面史(10)

Indasubunmei
(どなたの作図ですか。お借りします)
 
 アーリア人が紀元前1500年ごろにインドに侵入して先住民を征服し、バラモン、クシャトリア、ヴァイシャ、シュードラの四身分からなるカースト制(厳密には「ヴァルナ制度)を作った――という歴史は、英国に都合がよかった。
 インドに来たアーリア人は、印欧系の言語を話しコーカソイド(白色人種)の特徴があった。英国のインド侵略は3000年後に同じことを繰り返したに過ぎない。インド人は我々に支配してもらってありがたいと思うべきだ。こちらもネルーのような上流のインド人にはそれなりの待遇をする――というのが英国の言い分だった。

Philip3

 ガンジーはヴァイシャ(平民)の出身で色も黒かったが、コーカソイドだった。母語はグジャラーティー語で、ヒンディー語やウルドゥー語などとともにインド・ヨーロッパ語族に属する。
 インド人は英国人に差別されたが、ビルマ人などのモンゴロイド(日本人もその仲間)とは扱いが微妙に違うところもあった。
 ガンジーがインド人のために戦い始めるのは、1893年23歳のときに南アフリカに渡って苛烈な人種差別を体験してからのことだ。それまではノンポリで、英国支配下で出世したいと思っていた。
 ガンジーは1888年に18歳で英国に留学して法律を学び1891年に法廷弁護士の資格を得て帰国した。

 ロンドンでは、しばらくの間、休暇旅行中にブライトンで会った老未亡人の家に日曜日に昼食に行っていた。彼は独身の振りをしていたので、未亡人は適齢期の若い女性たちをガンディーに紹介してくれた。やがてガンディーはそのうちの一人と日曜毎に二人きりになり、次第に事態が緊迫してきた。どうやら未亡人は、ガンディーが女性に求婚することを期待しているようだ。ガンディーは愕然とした。彼は未亡人に手紙を書いた。「インド人留学生は結婚していることを隠す者が多く、私もつい真似をしてしまいましたが、今では後悔しております。私はまだ子供のうちに結婚し、息子が一人あるのです」彼はもうお宅に伺うのは止めると言ったが、未亡人は聞き入れず、日曜日の昼食は続いた。(p.131)

「適齢期の若い女性」で、「あのガンジーさんとなら結婚を視野に入れておつきあいしてもいい」という人がいたらしい。相手がビルマ人や日本人ではこうは行かなかっただろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

インド独立裏面史(9)

 東インド会社支配下のインドで裁判官だったウィリアム・ジョーンズ(1746-1794)は、インドの古典語サンスクリットを研究して、これがギリシャ語やラテン語と共通の起源を有する可能性があることに気づいた。
 ジョーンズは1786年に"On the Hindus"という論文を発表した。

「サンスクリットは、その古さもさることながら、驚くべき構造をしている。ギリシャ語より完璧であり、ラテン語より豊富であり、そのどちらよりも精巧だが、動詞の起源や文法の様式において、これらの言語と偶然とはとても思えないほどの強い類似性を持っている。実際、その類似性の強さは、どんな言語学者でもその3言語をすべて調べれば、おそらくは既に消滅してしまった共通の祖語から派生したのだと信じずにはいられないくらいである。同様に、ギリシャ語やラテン語ほど顕著ではないが、ゴート語とケルト語も、他の言語との混合も見られるが、サンスクリットと同じ起源を持っていたと思われる。さらに、今日のテーマが古代ペルシャを論じるものであったなら、古代ペルシャ語を同じ仲間のリストに加えてもよかっただろう。」(ウィキペディアより)

 ジョーンズの研究は大反響を呼んだ。ここから印欧語比較言語学が始まり、19世紀に大いに発展した。サンスクリット、ギリシャ語、ラテン語などの古典語だけでなく、インドとヨーロッパの多くの言語が一つの祖先(印欧祖語)から分化してきたらしいことが分かった。ウィキペディアの「インド・ヨーロッパ祖語」を一部引用すれば

 インド・ヨーロッパ祖語とは、インド・ヨーロッパ語族の諸言語の共通の祖先とされる理論上の言語である。
 クルガン仮説によれば6000年前にロシア南部で、アナトリア説によれば9000年前にアナトリア高原で話されていた。
 英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・ロシア語・ギリシア語・ペルシア語・サンスクリット・ヒンディー語・ウルドゥー語などの言語はすべてこのインド・ヨーロッパ祖語から派生して成立したとされ、細部はともかく、その存在は定説となっている。

 ここから、印欧祖語を話していた人種がヨーロッパ人と上位カーストのインド人の共通の祖先ではないか――という説が出て、英国のインド支配の正当化に役立った。
  英国人から見て、最上位カーストのバラモン出身のネルーなどは「我々白人の仲間ではないか」という見方もあったらしい。

Lady_edwina_mountbattenjawaharlal_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

インド独立裏面史(8)

 ウィンストン・チャーチル(1874-1965)は1881年(明治14年)に小学校に入学した。自伝『わが半生』によると、入学第一日に校長先生から

mensa, mensae, mensae, mensam, mensa, mensa
テーブルが、~の、~に、~を、~によって、テーブルよ

 という表を渡されて「これを覚えなさい」と言われた。
「テーブルが」から「テーブルによって」までは分かるけれども、「テーブルよ」とは何だろう? 
 質問してみると「テーブルに呼びかけるときに使う」という答えだった。「そんな馬鹿な。僕はテーブルに呼びかけたりしません」と言うと、「生意気なことを言うと鞭でひっぱたくぞ」と脅かされた。
 この年から1893年(明治26年)にサンドハースト陸軍士官学校に入学するまで、チャーチルはラテン語に苦しんだ。入学試験には二度落第して、受験予備校へ通ってやっと合格したのだった。(そういう予備校の一つで数学を教えていたのが、シャーロック・ホームズの宿敵、モリアーティ教授であった。)
→モリアーティ元教授の職業(2)など参照
http://sanjuro.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/2_dc10.html

 当時は勉強と言えばラテン語とギリシャ語を覚えることだった。チャーチルよりやや先輩のアーサー・コナン・ドイル(1859-1930)も、ストーニーハースト校でギリシャ語とラテン語をたたき込まれた。医者になるのに備えて自然科学を勉強しておくという考え方はなかったようだ。ドイルは「ギリシャ語とラテン語に費やした時間はまったく無駄だった」と回想している。

「テーブルが」から「テーブルよ」までは、主格、属格、与格、対格、脱格、呼格という格変化である。格変化する言語を屈折語という。
 英語の場合は一応、主格、所有格、目的格があるけれども、tableという形だけ覚えれば済む。これは格変化が退化したのだそうだ。
 ドイツ語だとテーブルはTischという男性名詞で、定冠詞derも変化して

der Tisch, des Tisches, dem Tische, den Tisch
テーブルが、~の、~に、~を

 の4格に屈折するのだった。
 イギリスに限らずヨーロッパ諸国では、複雑な格変化を有するラテン語とギリシャ語の勉強が重んぜられた。一つには、ラテン語ギリシャ語が欧州諸語の祖型をとどめていると考えられたからだ。
 ところが、18世紀末から19世紀に、インドのサンスクリットも「インド・ヨーロッパ語族」の古い言葉らしいということが分かってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

インド独立裏面史(7)

 20世紀になっても、インド人は土人だった。
 ガンジーの非暴力による抵抗運動が功を奏したのは相手が文明的な英国だったからで、ドイツや日本のような野蛮な帝国主義が相手では通用しなかっただろう――という意見がある。これは正しいだろうか?
 英国と日本は1919年(大正8年)に植民地で事件が起きている。
 1919年3月1日、朝鮮で三一暴動が起こった。
 1919年4月13日にはインドのアムリッツァル市で虐殺があった。

 ガンジーは第一次大戦を戦う英国に協力し、インド人志願兵の募兵まで行った。戦後の自治拡大を期待していたからだ。ところがインド総督府は1919年3月、ローラット法を成立させ自治(独立ではない)を求める運動の取締を強化した。ガンジーは4月6日に24時間のハルタール(ゼネスト)を提案した。インド人の一部は暴徒化した。暴動のもっとも激しかったパンジャーブ州アムリッツァル市では、英国人女教師が暴徒に襲われた。レジナルド・ダイヤー准将が駆けつけ、集会の禁止を命令した。

 四月十三日、約五千人の市民が禁止令を無視して、周囲を建物に囲まれた(アムリッツァル市の)ジャリヤーンワーラー・バーグの公園で集会を開いた。ダイヤー准将は公園の入口を軍隊で封鎖し、発砲を命じた。閉じこめられ武器を持たぬ群衆は恐怖に駆られて逃げまどった。十分のうちに、少なくとも四百人が殺され、千二百人が負傷した。翌日、ダイヤー准将は、英国人女教師が襲われた現場ではインド人は償いとして「四つん這いに這って歩け」という命令を下した。さらに彼は、インド人が英国人に対して十分な敬意を示さないときは(たとえば牛車に乗っておれば直ちに降りて敬礼しなければならない)、公開笞打ち刑に処すと宣告した。
(p.191)

 どちらが暴虐だったか? 日本人にはここまではできなかったはずだ。「日鮮同祖論」も迷惑だったには違いないが……
 しかし、インド人の一部は白人(あるいはアーリア人)であるという考え方は19世紀からあったのだ。インドでも一種の「同祖論」があったようだ。(続く)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

インド独立裏面史(6)

 ふつうのイギリス人から見てインド人は「クロンボ」であり「土人」だった。
 1857年のインド大反乱をイギリス人はどう見たか。
『四人の署名』では、ジョナサン・スモールがセポイの反乱を
「何百という黒人の鬼めらが、赤い軍服をつけたままで、燃え上がる家の回りをわめきながら踊り狂っている」
と描写している。
 30年後の1888年にロンドンで「アグラの財宝」をめぐる殺人事件と大捕物があったのだが、財宝が故モースタン大尉の娘メアリに帰属することは誰も疑わなかった。本当はインド人のものなのに。
 インド大反乱が始まるとパンチ誌1857年9月号にJusticeと題するテニエルの絵が載った。テニエルは『ふしぎの国のアリス』の挿絵だけではなく、こういうものも描いていたのだ。

Justicetenniel1857punch

 正義の女神がイギリス兵に味方して悪い土人を懲らしめている。二度と反抗しないように思い知らせてやる必要があるのだ。
 イギリスはインド大反乱を鎮圧し、ムガール皇帝を廃位してインドの直接統治を始めた。反抗する現地人は徹底的にやっつけた。相手は劣等人種なのだから、白人相手にはできないような残虐行為も辞せなかった。

20071126151909vereshchaginblowing_f

 ロシア画家ベレシチャーギンが英軍が大反乱の捕虜を大砲で処刑する様子を描いている。何年にどこで起こった出来事かは調べることができなかった。イギリス人は自国の悪いところはできるだけ隠そうとする。日本人以外はどこの国の人でもそうする。(日本人がアジアでどんな悪いことをしたかは、虚実まじえていくらでも情報がある。)だからざっと調べたのでは分からなかったのだが、ロシア人によるでっち上げではない。記録はあるはずだ。
 インド人が土人視されていたことは確かだが、ほかの有色人種とは少し違う面もあった。インド人の少なくとも一部は「白人」なのではないか? 印欧語比較言語学の知見も考慮しなくてはならないし……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

インド独立裏面史(5)

 ビルマはインドより遅れて1948年に独立した。
 独立運動の指導者はアウンサン(1915-1947)だった。

51jp6mk8dkl_sl500_aa240_

 大東亜戦争開戦後、アウンサンは日本軍の支援を得てビルマ独立義勇軍を創設した。日本軍とともに戦い、1942年7月にはビルマから英軍を駆逐した。
 その後、日本の敗色が濃厚になると連合国側に寝返り、1945年3月、日本軍に攻撃を加えた。
  しかし戦後イギリスはビルマに独立を許さなかった。
 1948年1月にビルマはようやく英連邦を離脱してビルマ連邦として独立した。アウンサンは前年の7月に暗殺された。
 
Historyofburma0
1948年1月4日、ビルマ独立式典。イギリス人総督とビルマ初代大統領Sao Shwe Thaik(発音?)。
 
 インドとの扱いの違いが分かるはずだ。総督夫人なんか登場する余地がなかった。
 一つには人種の違いがあったのだと思う。ビルマ人は日本人と同じ黄色人種だが、イギリスから見て、インド人の一部は「白人」だったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧